ここから本文です

「ボカロ小説」結来月ひろはさんが乗り越えた「普通じゃない」学校生活 休み明けの教室で待っていた視線…

11/22(金) 6:50配信

withnews

ボーカロイド曲の世界観をベースとした小説、所謂「ボカロ小説」を手がける結来月(ゆくづき)ひろはさんは、楽曲制作者・かいりきベアによるオリジナル楽曲「イナイイナイ依存症」と「マネマネサイコトロピック」を小説化しました。いずれも舞台は学校。いじめの描写だったり、登場人物が「本当の自分とは?」と悩んだりする心情が繊細に描かれています。実は結来月さん、いじめられた過去があります。支えてくれたのは祖父母の一言、そしてライトノベルでした。「普通」に悩んだ学生時代から、自分を肯定できるようになった現在までを聞きました。

「悪ぶるバイタリティもなきゃ、友だちを作る能力もない…」悩む主人公が見た「青」


【アンケート】あなたの生きづらさ、聞かせてもらえませんか。集まった声も読めます。
(https://www.asahi.com/opinion/forum/102/)

罵詈雑言飛び交う教室で

結来月さんは京都出身で、小中高校と、地元の学校に通いました。アトピーによる肌荒れがあり、幼い頃から「容姿についていじめられることがあった」と打ち明けます。
高校時代は、クラス全体の雰囲気が良くなく、「罵詈雑言が飛び交う中で過ごしてきた」と話します。雰囲気になじめず、教室の片隅で一人本を読んでしのぐ日々。「いかに今日を乗り切るか」という気持ちで過ごしていました。

「あなたは間違ってない」

でも、結来月さんには、家に帰ると味方がいました。同居していた祖父母です。
その日あった、良かったことも悪かったことも、すべて話していたといいます。「祖父母は、いじめられていることを『情けない』なんて言わなかった。『あなたは間違っていない』と言ってくれたんです」

その一言に「救われた」と話す結来月さん。もう一つの支えはライトノベルでした。

「ライトノベルと初めて出会ったのは小学6年生のときです」。平安時代を舞台にした「なんて素敵にジャパネスク」が、立ち寄った書店の目立つ場所にあり、思わず手に取りました。
元々読書は好きでしたが、「ラノベは挿絵が漫画で、びっくりしたし感動した」と話します。「本って、子ども向けと大人向けと分かれてしまっているように感じていましたが、『真ん中』に初めて出会った」。
その頃から本、特にライトノベルへの関心が深まっていきました。
「いま思うと、『普通の学生生活』は諦めていたけど、本を読むことと書くことだけは諦めなかったんですよね」

そして結来月さんは大学に進学。大好きな文学を学ぶため、文学部を選びました。「いろんな場所から人が来て、周りの環境が変わりました」と話しますが、一方で新たな苦しみと向き合うことにもなったといいます。

「みんな、高校まで『普通』の学校生活を送ってきていました。その話を聞くと、私には高校生活での友達もいなかったし、話したい思い出もない。自分の学校生活が『普通』じゃなかったんだと実感してしまったんです」

1/2ページ

最終更新:11/22(金) 10:58
withnews

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事