ここから本文です

「CO2ゼロ」メニュー販売 浜松新電力、1月から企業向け

11/19(火) 7:34配信

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

 浜松市と地元企業などが出資する浜松新電力(同市中区)は来年1月、二酸化炭素(CO2)排出量ゼロで調達した電力を事業所などに供給する高圧電力供給の「CO2ゼロ」メニューの販売を始める。CO2排出量の削減目標を定める市内の企業などへの導入を目指す。

 同社は同市南部、西部の両清掃工場の発電所を電源の一部にしている。ごみ焼却時の熱で発電するため、調達時のCO2排出はゼロとなっている。同社と契約した企業などが新メニューを使って電力供給を受けると、温室効果ガス排出量の算定時に用いる「調整後排出係数」もゼロになる。

静岡新聞社

最終更新:11/19(火) 9:20
@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事