ここから本文です

「あの人はどんな本を読んでいるの?」ニューバランスのマーケター鈴木健氏がおススメする3冊

11/19(火) 8:06配信

Web担当者Forum

「あのマーケターはどんな本を読んで、新しいアイデアを生み出しているのだろう?」、そんなふうに思うこと、ありませんか? そこで、現在活躍されているWeb担当者やマーケターの本棚を見せていただき、読書体験を語っていただく連載を始めました。最初に執筆していただいたのは、ニューバランス ジャパン DTC&マーケティング ディレクターの鈴木健さんです。(編集部)

 

私の読書体験(1) ビジネスに関する本は、新しいことを学びたいから読む

本を読む習慣は子供のころにはありませんでした。じっと座って本に集中するのはどちらかというと苦手だったほうです。自分にとって本とはもともと藤子・F・不二雄先生(あえて先生と呼ばせていただきます)の『ドラえもん』(小学館:刊)のような漫画本で、だいたいすぐに読み終わってしまう娯楽でした。今でも漫画は読みますが、「本を読む」習慣がついたのは社会人になってからです。今は通勤時や乗り物に乗っている間に読むことが多いです。特に朝の通勤時の読書は頭がすっきりしているのでスッと入ってきますし、インスピレーションがわくことが多いので好きです。

今は広い意味でビジネスやマーケティングに関する本を読むことが多いですが、それは単に仕事のためというより、新しいことを学びたいからです。

これまで読んできたビジネスやマーケティングに関する本の例

・『ゾーンマネジメント』(ジェフリー・ムーア:著 栗原潔:訳 日経BP:刊)
・『ジョブ理論』(クレイトン・クリステンセン等:著 依田光江:訳 ハーパーコリンズ・ ジャパン:刊)
・『the four GAFA』(スコット・ギャロウェイ:著 渡会圭子:訳 東洋経済新報社:刊)
・『ソーシャル物理学』(アレックス・ペントランド:著 小林啓倫:訳 矢野和男:解説 草思社:刊)
・『ブランディングの科学』(バイロン・シャープ:著 加藤巧:監修 前平謙二:訳 朝日新聞出版:刊)
・『マーケティングとは「組織革命」である。』(森岡毅・著 日経BP:刊)

など

 

1/4ページ

最終更新:11/19(火) 18:41
Web担当者Forum

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事