ここから本文です

Airbnb会見・東京五輪以降の最上位スポンサーに、契約金は9年で500億円超か

11/19(火) 20:00配信

BUSINESS INSIDER JAPAN

民泊仲介サイトAirbnbは11月18日(日本時間)、国際オリンピック委員会(IOC)とのパートナーシップを締結し、2028年までの五輪の最上位スポンサー(TOP)となったことを発表した。フィナンシャル・タイムズの報道によると、契約金は5億ドル(約540億円)にのぼるという。

【全画像をみる】Airbnb会見・東京五輪以降の最上位スポンサーに、契約金は9年で500億円超か

9年間、5大会のスポンサー契約

「Airbnbでは、もしかしたら一生に一度になるかもしれないホスト国として、五輪への新しい参加方法を提案したい。五輪が終わった後も交流や観光が続くという、ポジティブなレガシーを残せれば」

11月19日、都内で開かれた会見に登壇したAirbnb Japan代表取締役の田邉泰之氏は、誇らしげにそう宣言した。

会見では同時に、IOCとAirbnbが共同で提供する新たな体験カテゴリ「オリンピアンによる体験」プログラムも発表された。オリンピアン(五輪出場経験者)や他のアスリートやスポーツコミュニティらがホストとなってスポーツ体験を提供する。

ともに登壇したレスリング女子五輪3連覇の吉田沙保里さんもこう盛り上げた。

「私の知り合いや後輩でも、競技が終わった後のセカンドキャリアに悩んでいる人をよく見てきました。(このプログラムがあることで)彼らの活躍の場も広がりますし、オリンピアンに限らずアスリート全体として、さまざまな人に触れ合うすごくいい機会になると思います」

最高位スポンサーは、11月18日時点でコカ・コーラ、アリババ、インテルなど計14社。日本企業は、トヨタ、ブリヂストン、パナソニックの3社だ。名だたる世界的な大企業の中に、未上場のベンチャーAirbnbが新たに名を連ねた格好だ。

Airbnbがスポンサーとして支援する大会は今後も含めて、2020年東京五輪、2022年北京冬季五輪、2024年パリ五輪、2026年ミラノ・ コルティナダンペッツォ冬季五輪、2028年ロサンゼルス五輪の5大会で、開催都市は、いずれもAirbnbがすでに普及している都市だ。

会見では、五輪におけるAirbnbが提供できる価値として、ファミリー向け、長期滞在者向けなど、宿泊者のさまざまなニーズに対応できる点が強調された。これにより、需要逼迫への対応、大会主催者によるコスト低減や宿泊施設の新築抑制、地元ホストへの直接収入などを見込んでいるという。

Airbnbが五輪に力を入れる背景には、前大会・リオデジャネイロ五輪の際のAirbnbの大きな躍進がある。

1/2ページ

最終更新:11/20(水) 1:01
BUSINESS INSIDER JAPAN

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事