ここから本文です

新田真剣佑&北村匠海が歌うバラード初解禁『サヨナラまでの30分』予告編

11/19(火) 13:30配信

cinemacafe.net

新田真剣佑と北村匠海がW主演し、2人で1つの体をシェアする青春音楽ラブストーリー『サヨナラまでの30分』から、予告編映像&本ポスタービジュアルが解禁。2人が歌うエモーショナルなバラード曲「もう二度と」が初公開された。

【画像】新田真剣佑も歌声を披露『サヨナラまでの30分』



この度解禁となった予告編映像は、歓声の中、振りむくアキ(新田真剣佑)の印象的な表情で幕を開ける。熱狂する野外フェスの様子を映し出しながら、「この世界からいなくなったアイツが、僕たちの世界を変えたんだ」と、まるでひと時のキセキをふり返るような颯太(北村匠海)のナレーションが重なる。


人付き合いが苦手な颯太の前に現れたアイツ、1年前に死んだミュージシャンのアキの目的は、自分がいなくなったことでバラバラになって解散したバンド「ECHOLL(エコール)」の再結成、そして音楽を辞めてしまった恋人カナ(久保田紗友)の笑顔を取り戻すこと。颯太の体を借りて歌うアキ。そんなことはもちろん知らず、最初は戸惑いつつも、やがて颯太を受け入れ始めるかつての仲間たち。

人付き合いが苦手だったはずの颯太もバンドメンバーと心を通わせていく。しかし、アキがいなくなり音楽をやめたカナだけはそこに帰ってこない。そんな中、カナは颯太が歌う姿にアキを重ねてしまい、悲しみから抜け出すことができない。颯太の体を使ってカナに再会するアキだったが、次第に颯太自身がカナに惹かれはじめていることを察する。


特殊な三角関係が紡ぐ切ない恋模様に胸を掻き立てられる中、次第に颯太と入れ替わる時間が短くなっていることに気づくアキ。「忘れたくない」とアキを思って涙を流すカナ。アキと颯太の奏でる歌がカナに届くとき、世界が大きく変わり始め…。

今回、先日解禁したリード曲「瞬間(sayonara ver.)」に加え、もうひとつのリード曲であり、アキと颯太が歌う「もう二度と」が本映像で初解禁。「瞬間(sayonara ver.)」とは対照的にバラード調の「もう二度と」は、まるで喪失感をすくい取るかのような切ない一曲となっており、「“サヨナラ”がくれた、僕たちの“はじまり”の物語」と銘打たれているように、エモーショナルで心揺さぶられる予告編が完成した。


また、本ポスタービジュアルも併せて解禁! 熱唱するアキと切なく涙を溜めた颯太、それぞれの表情を印象的に配置し、カナ・ヤマケン(葉山奨之)・重田(上杉柊平)・森(清原翔)たちの躍動する瞬間や、本作のキーアイテムであるカセットテープが散りばめられている。「アイツが彼女に会うたびに、僕も彼女を好きになる。」というコピーが示す通り、ビターな三角関係もほのめかされているビジュアルだ。


さらに、追加キャストとして、喪失感を抱えるカナに明るく寄り添う母・村瀬しのぶ役に牧瀬里穂、就活に苦戦する颯太を見守り、そっと背中を押す父・窪田修一役に筒井道隆、バンド「ECHOLL」を応援し、地元のフェスを主催する音楽プロデューサー・吉井冨士男役に松重豊が出演。20代を中心とした本作メインキャストを支えるように、さらなる深みをもたらしている。


劇中バンド「ECHOLL」によるサウンドトラックも発売
青春映画としてだけではなく、音楽映画としての側面も持つ本作。この度、オリジナルサウンドトラック「サヨナラまでの30分」が、「ECHOLL/Rayons」として2020年1月22日(水)に発売されることが決定。映画内で聴ける劇中バンド「ECHOLL」のナンバーと作曲家・ピアニストRayonsによる劇伴曲を収録。

さらに12月2日(水)からは「もう二度と」がアルバムから先行配信されることが決定し、11月19日よりiTunesプリオーダーがスタートする。

『サヨナラまでの30分』は2020年1月24日(金)より全国にて公開。

最終更新:11/19(火) 13:30
cinemacafe.net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事