ここから本文です

優勝争い左右も? 巨人とDeNA、あまりにも対照的な「外国人」事情

11/19(火) 18:01配信

J-CASTニュース

 プロ野球のDeNAは2019年11月18日、主力外国人4選手と来シーズンも契約を結ぶことを発表した。ホセ・ロペス内野手(35)、ネフタリ・ソト内野手(30)、エドウィン・エスコバー投手(27)、スペンサー・パットン投手(31)とそれぞれ契約が合意に達した。DeNAはすでに2人の新外国人選手を獲得しており、V奪回へ向けての体制が固まりつつある。

 2020年シーズンもDeNAのラインアップに強力な助っ人陣が顔を揃える。日本球界8年目を迎えるロペスは1年契約。43本塁打、108打点のリーグ2冠のソトは、ほぼ倍増となる年俸1億8500万円で合意。MLBに挑戦する筒香嘉智外野手(27)が抜けた際には4番候補の筆頭となるスラッガーに大きな期待がかかる。

■さらに2人加入のDeNA、一方の巨人は...

 今シーズン、リーグトップの74試合に登板し、フル回転の活躍を見せたエスコバーと、セットアッパーとして22ホールドを記録したパットンも残留する。2投手ともブルペンを支える貴重な中継ぎで、チームのリーグ2位躍進に大きく貢献した。エスコバーは新たに2年契約を締結し、DeNAにとっては大きな「収穫」となった。

 主力4人の残留に加え、2人の新外国人が加入する。マイケル・ピープルズ投手(28)とタイラー・オースティン内野手(28)だ。196センチの長身を誇るピープルズは今シーズン、3Aで25試合に登板しており、DeNAでは先発候補として期待される。ヤンキースでメジャーデビューを果たしたオースティンは、内外野を守れ長打力を備えるスラッガーで、メジャー4シーズンで33本塁打を記録している。

 外国人助っ人の「補強」に成功したDeNAと対照的なのが巨人だ。巨人は今オフ、大量の外国人選手が退団する見通しとなっている。球団はアレックス・ゲレーロ(32)外野手をはじめとし、クリスチャン・ビヤヌエバ内野手(28)、ライアン・クック投手(32)、テイラー・ヤングマン投手(29)らと来シーズンの契約を結ばない方向。これに加えてスコット・マシソン投手(35)が引退したことで、主力の残留は、C.Cメルセデス投手(25)とルビー・デラロサ投手(30)の2人だけになりそうだ。

1/2ページ

最終更新:11/19(火) 18:01
J-CASTニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ