ここから本文です

<ラグビーW杯>日本代表・バル選手、母校の正智深谷高に凱旋 4年後も目指す「一緒に頑張ろう」

11/19(火) 10:37配信

埼玉新聞

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会に日本代表として活躍したトンガ出身のバル・アサエリ愛選手(30)=パナソニック=が18日、母校の正智深谷高校(埼玉県深谷市)に凱旋(がいせん)し、在校生に大会出場の報告を行った。バル選手は「何も知らないまま日本へ来て、正智深谷が呼んでくれなかったら今の僕はない。本当にうれしい」と話した。

<ラグビーW杯>熊谷で2試合目、2万人超が熱狂 選手ぶつかる振動、客に伝わり驚き「すごい迫力」

 バル選手は15歳で来日して2007年度に同校を卒業。埼玉工業大学(深谷市)に進み、パナソニックに入社した。今大会は全試合に出場している。

 加藤慎也校長とのトークで大会を振り返りながら報告。バル選手は「ベスト8は目標だった。大変な1年だったが、皆が一つになってしっかりできた」と話した。加藤校長も「真面目で一生懸命頑張る生徒だった」とバル選手の高校時代を褒めた。試合前はしっかりご飯を食べて寝ることというバル選手は「4年後のW杯も目指したいので、皆も僕と一緒に頑張っていきましょう」とメッセージを送った。

 バル選手に花束を手渡したラグビー部の3年生田中敦也キャプテン(18)は「でかい手からは力があふれてきた。バル選手のようにフィジカルなプレーがしたい」と感動していた。

最終更新:11/19(火) 10:37
埼玉新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事