ここから本文です

RAMMELLS、2ndミニ・アルバム『Beat generation』リリース リード曲を先行配信

11/19(火) 14:57配信

CDジャーナル

RAMMELLS、2ndミニ・アルバム『Beat generation』リリース リード曲を先行配信

RAMMELLS、2ndミニ・アルバム『Beat generation』リリース リード曲を先行配信

 新進気鋭のロック・バンド、RAMMELLS(ラメルズ)が、2020年第1弾となる2ndミニ・アルバム『Beat generation』(CD CRCP-40593 1,818円 + 税)を2020年1月15日(水)にリリース。発売に先駆け、リード曲「Beat generation」が12月18日(水)より先行配信されます。

 RAMMELLSは、黒田秋子(vo)、真田 徹(g)、村山 努(b)、彦坂 玄(ds)の4人からなるロック・バンド。真田がSuchmosのYONCEらと組んでいたOLD JOEの解散後、自分の求める最高の音楽を実現させるために大学時代の先輩である黒田と村山を誘い2015年8月に結成。2016年に彦坂をドラムに迎えてライヴ活動を本格的に開始したのち、2017年12月にアルバム『Authentic』でメジャー・デビュー。2019年4月にリリースされた2ndアルバム『Mirrors』では、リード曲「真っ赤な太陽」のMVに俳優の松重 豊が出演し話題を呼びました。

 『Beat generation』には、RAMMELLS結成時のルーツに立ち戻り、独自のグルーブを想起させる原点回帰な面と、2020年代の新たな幕開けにふさわしいより深みを増したJ-Rockのビートを提示すべく制作された全7曲が収録されています。“Beat generation”のタイトルが示す通り、1950年代のビート運動が起こった時代と、今の生きにくい現代社会をなぞらえ、根底にある自由への開放と愛がテーマとなる作品に仕上がっています。

最終更新:11/19(火) 14:57
CDジャーナル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事