ここから本文です

Appleのノイズキャンセリング完全ワイヤレスイヤホン「AirPods Pro」レビュー:周りの人に心からお勧めしたい

11/19(火) 19:30配信

ギズモード・ジャパン

AirPods Proが突如発表、発売されてからまもなく1ヶ月が経とうとしています。Apple(アップル)初のアクティブノイズキャンセリングを搭載し、音質が向上したAirPods Proを米ギズモードのAdam Clark Estesがレビューしてくれました。大注目の製品にAdam氏はどう感じたのか。早速見てみましょう。

【全画像をみる】Appleのノイズキャンセリング完全ワイヤレスイヤホン「AirPods Pro」レビュー:周りの人に心からお勧めしたい

私は、今までAirPodsが好きになれませんでした。理由は、私もそのユニバーサルな形状が耳に馴染まなかった1人だったため。AirPodsが素晴らしいインイヤーイヤホンでなければここまで人気にならなかったのは事実です。新機能が追加されカナル型となったAirPods ProをAppleが発表したとき、私は狂喜乱舞しました。実際に約1週間試してみた結果、AirPods Proが大好きになりました。ですが同時に、万人向けではないとも感じたのです。

AirPods Proは、見覚えのあるデザインと同時に不自然さが残っています。AirPodsの象徴たる“真っ白なうどんデザイン”はまだ残っていて、相変わらずみっしりとパッケージに収められていました。箱の中には、AirPodsには付属していなかったシリコン製のイヤーチップが入っています。ですが窮屈に感じるこのイヤーチップをみんなが好きになるとは思えません。Appleの公式サイトでは、「通気孔が圧力を均一にするので、まるで何もつけていないように感じられるでしょう」と述べられていますが、完全に密封されているわけではありません。

AirPods Pro

これは何?:Apple純正のワイヤレスヘッドフォン

価格:2万7800円(税別)

好きなところ:音質がとても良い。快適な装着感。

好きじゃないところ:バッテリーの持ちがまあまあ。完全に耳にフィットしているわけではない。

ゆるい装着感(ちょっと不安になる)

AirPods Proは、AirPodsの進化系です。私にとって、このイヤホンはぶらぶらと耳から常に危険な状態でぶら下がっているような感覚です。私が街やジム、椅子に座っているときなど何度もヘッドフォンを装着していないように感じました。私はほかのイヤホンを使っているときにイヤーチップをなくしているのですが、そのときでさえイヤーチップが外れて地下鉄の線路の上に落ちるとは思いもしませんでした。それもAirPods Proの「完全に耳にフィットしているわけではない感」につながります(どこかに飛んでいきそうにもないPowerBeats Proほどではないですね)。AirPods Proのゆるい装着感には好感を持ったのですが、外の騒音は入ってくる感じ(お気に入りのJabraのElite 65tでは聞こえてきません)。でも、AirPods Proは耐汗耐水になってます。エクササイズにも安心して使えるのは嬉しいところです。

1/3ページ

最終更新:11/19(火) 19:30
ギズモード・ジャパン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事