ここから本文です

相次ぐ引退表明と、戦い続ける者が見せる未来【小川淳子の女子ツアーリポート“光と影”】

11/19(火) 18:50配信

ゴルフ情報ALBA.Net

歯を食いしばって戦い続ける者とツアーを去る者。激戦の末、鈴木愛が3週連続優勝を飾った「伊藤園レディス」では、さまざまなドラマが繰り広げられた。

“不死鳥”大山志保 最終18番のガッツポーズでギャラリーを沸かせた【写真】

故障からカムバックして逆転賞金女王に向けて突っ走る25歳の鈴木には、まだ見えない世界。それを演じたのは、29歳の大江香織と、42歳の大山志保だ。大江は、この大会を最後にツアーから離れることを宣言し、大会前日に会見もしている。最大の理由はモチベーションの低下。「2年前から引退を意識し、それでもシードが取れなくなるまでは続けようと決めてプレーしていたんです」と大会前日の会見で告白。「今週、優勝してもやめますか?」と聞かれて「ハイ」とキッパリ言い切っていた。この時点の賞金ランキングは87位だった。

大山も、賞金ランキング65位と残り2試合でシード維持が危ぶまれる状況で大会に臨んだ。秋口になって「ようやくいい感じになってきているんですよ」と口にしており、まだまだプレーする気満々。選手生命が危うい故障を何度も乗り越え「やりきったと思うまでゴルフはやめられないんです」と口にしている。42歳になった今もそれは変わらない。

限られた者しかプレーできない最終戦を除き、残り2試合となった伊藤園レディスで、この2人が優勝争いの真っただ中にいた。ともすれば若手の活躍にばかり目が行きがちな女子ツアーにあって、ゴルフの奥深さを感じさせてくれる試合展開だった。

結果は、大山が最後まで鈴木と争った末に1打及ばず2位。大江は、最終日に1つスコアを落として9位タイだった。大会終了後の賞金ランキングは、大山が49位とシード圏内に滑り込んで今週の大会に臨む。一方の大江は同78位で、ツアー生活にピリオドを打った。

大江だけでなく、一ノ瀬優希、佐伯三貴も、今季限りでの現役引退を表明している。いずれも、今季はシード選手だが、賞金ランキングは一ノ瀬が80位、佐伯が69位で、シード落ちが濃厚になっている。いずれも故障から思うようなプレーができなくなってのことだ。

以前、女子プロたちのセカンドキャリアについて書いたが、それについてさらに考えさせられる状況が起きている。どれだけツアーで戦うか。それが自分で決められるのがゴルフの世界だ。シードが取れるかとれないか。というのは一つの区切りだが、そこでQTに行ってでも戦い続けるのか、それともキッパリと身を引くのか。そこがはっきりと分かれるのが近年の傾向だ。

ツアーを離れた者も多くは何らかのかたちでゴルフにかかわっていく場合が多い。後進の育成にあたっていったり、アマチュアのレッスンをしたり、プロアマやイベントなどに顔を出したり、メディアで仕事をしたりとかたちは様々だ。女子の場合は結婚して子育てに専念する者もいる。こちらの可能性を探るのもおもしろいに違いない。

戦い続けることを選んだ者は、年齢を重ねれば重ねるほど、心身ともに厳しくなる世界に身を置くことになる。大山や、やはりケガを乗り越えた表純子などのように、できる限り長く試合に出ようとあがき続ける。その姿からは、ゴルフが持つ魔力のようなものが感じられる。

いずれにしても、ツアーで戦うプロゴルファー達は、常に選択を迫られている。年々、早い時期にそのタイミングが来るようになっているなか、現在の若手たちが、いつか来るその時にどんな道を選ぶのか。先輩たちの引退劇は、若い選手達にも様々なかたちで影響を与えそうだ。(文・小川淳子)

(撮影:鈴木祥)<ゴルフ情報ALBA.Net>

最終更新:11/19(火) 19:06
ゴルフ情報ALBA.Net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事