ここから本文です

静岡知事が三重知事を「嘘つき」と痛烈批判 リニア駅立地めぐり応酬

11/19(火) 21:40配信

テレビ静岡NEWS

「嘘つきは泥棒の始まり」。リニアの駅の立地を巡って、静岡・川勝知事が三重・鈴木知事に“公務員の心得”を説き、批判しました。

2027年に東京から名古屋まで開業する予定の、リニア中央新幹線。

名古屋から大阪間はその後に延伸する予定で、JR東海は三重県内に1ヵ所、駅を設置する方針を示していますが、具体的な場所は公表されていません。

しかし川勝知事は11月6日の会見で、鈴木知事と10月末に会った際に三重県内の駅について聞くと、鈴木知事が「90%亀山にほぼ決まった」と話していたと紹介。

これに対し鈴木知事は11日「全く事実無根の話」と抗議していました。

同じ日の午後、全国知事会の場で同席した2人。

川勝知事が鈴木知事に渡したのは、「ふじのくに公務員の心得八箇条」が書かれた1枚の紙でした。そして第二条に赤線が引かれていました。

「二、心は素直に 嘘・偽りを言わない」

川勝知事によると、紙を渡された鈴木知事は「90%亀山にほぼ決まったと発言した証拠はない」と話し、渡された紙をそっと見てから、しまったということです。

川勝知事は19日の会見で鈴木知事が嘘をついているとして「嘘つきは泥棒の始まり」と鈴木知事を痛烈に批判、リニアを巡る場外乱闘が過熱しています。

川勝知事 「嘘つきは泥棒の始まり。ましてや人の上に立つ人は嘘偽りを言ってはいかんと強く思っておりまして、強弁をして言い張り続けて事実を隠す、大変危険なことだと思っています」

リニアの工事に待ったをかけている静岡県の川勝知事に対しては、愛知県の大村知事や三重県の鈴木知事が、これまでにも懸念を示しています。

テレビ静岡

最終更新:11/19(火) 21:52
テレビ静岡NEWS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事