ここから本文です

静学、初戦は岡山学芸館 全国高校サッカー組み合わせ決定

11/19(火) 8:00配信

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

 第98回全国高校サッカー選手権大会(12月30日~来年1月13日)の組み合わせ抽選会が18日、都内で開かれ、本県代表の静岡学園は1回戦で岡山学芸館(岡山)と対戦が決まった。12月31日に駒沢陸上競技場で行われる。静岡学園の阿部健人主将は「個人技を生かして一つ一つ勝ち抜き、優勝トロフィーを掲げたい」と意気込んだ。



 ■阿部主将、意気込む 「個人技生かし優勝杯を」

 本県代表は4年連続で初戦敗退しているだけに、第93回大会で8強まで勝ち進んだ同校へ県民の期待は大きい。阿部主将は「1試合3得点以上と無失点の目標を初戦から達成し、静学復活と言ってもらえるようにしたい」と語った。

 開幕まであと1カ月。川口修監督は「頂点を目指すには、決勝まで6試合ある。控え選手のレベルアップも重要になる」と課題を挙げた。

 岡山学芸館は2年連続3回目の出場。大山宣明主将は「静岡学園は個人の技術が高い。ボールの支配率を高めて主導権を握りたい」と対戦を見据えた。

 前回覇者で23大会連続出場の青森山田は、初戦の2回戦(1月2日)で米子北(鳥取)と対戦。開会式の後に行われる開幕戦は国学院久我山(東京B)と前原(沖縄)の顔合わせとなった。選手宣誓は日章学園(宮崎)の阿部稜汰主将が務める。

 準決勝、決勝は埼玉スタジアムで行われる。

静岡新聞社

最終更新:11/19(火) 9:04
@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

あなたにおすすめの記事