ここから本文です

Suchmos、台湾の音楽アワードで2カ月ぶりライブパフォーマンス

11/19(火) 12:00配信

音楽ナタリー

Suchmosが11月16日に台湾で行われた音楽アワード「金音創作獎 -Golden Indie Music Awards-」にスペシャルゲストとして出演し、約2カ月ぶりにライブパフォーマンスを披露した。

【写真】Suchmos(メディアギャラリー他2件)

「金音創作獎 -Golden Indie Music Awards-」は、台湾のグラミー賞とも言える「金曲奬」を主催する行政院新聞局(現:文化部影視及流行音楽産業局)が新世代のブレイクスルーアーティストをピックアップすることを目的に開催しているアワードで、2016年開催回には清水翔太がゲスト出演した。Suchmosは今回、次世代を担う日本のトレンドカルチャーの代表として招聘され、初の台湾ライブを行った。

ステージにスタンバイしたあと、バンドを代表してYONCE(Vo)が「ダージャーハオ」と中国語で挨拶。盤石のアンサンブルでまずは「MINT」を届ける。曲の途中でYONCEが「Enjoy! Taipei people」と客席に呼びかけると大きな歓声が沸き起こり、会場内が熱気を帯びていく。続けてメンバーはエッジの効いた「808」を貫禄たっぷりに披露して、「シェシェ」という挨拶をもってステージをあとにした。なお今年の「金音創作獎 -Golden Indie Music Awards-」には、11月17日に台湾で行われたイベント「Asia Rolling Music Festival」に出演したYogee New Wavesもプレゼンターとして参加した。

なお、Suchmosは2020年1月から台湾を含む4都市でアジアツアー「Suchmos ASIA TOUR 2020」を開催する。各公演のチケットは販売中。

■ Suchmos ASIA TOUR 2020
2020年1月19日(日)台湾 台北 Legacy Taipei
2020年2月7日(金)中国 上海 MODERN SKY LAB
2020年2月9日(日)中国 北京 Tango Live
2020年2月11日(火)中国 深セン B10 Live

最終更新:11/19(火) 12:00
音楽ナタリー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事