ここから本文です

広島・中神、巻き返し打 首脳陣も高評価「よく練習するし、声も出ている」

11/19(火) 9:00配信

デイリースポーツ

 「広島紅白戦、白組1-3紅組」(18日、天福球場)

 広島の高卒1年目・中神拓都内野手(19)がキャンプ最後の紅白戦で猛アピールした。紅組の「7番・三塁」で先発出場し、3打数2安打と活躍。今キャンプは途中合流だったが、きっちり存在感を発揮。佐々岡監督ら首脳陣の評価を高めた。

 南国に冷たい雨が降る中、高卒1年目の中神は無我夢中でバットを振り抜いた。2点リードの六回だ。1死から5番手・岡田の剛球を強振。打球が右中間を破ると、全力疾走で二塁を蹴り、鬼の形相で三塁へ滑り込んだ。

 「岡田さんの真っすぐは速いので負けないようにしっかり一発で捉えられるようにと思っていました。長打になって良かったです」

 二回の第1打席で先発・遠藤から放った安打は工夫が見えた。3球で追い込まれるとノーステップ打法に切り替え、コンパクトに右前へ。「タイミングが合っていなかったので、ノーステップでしっかり対応できました」。1軍クラスの投手からマークしたマルチ安打に、納得顔だ。

 巻き返しの秋だ。今キャンプは大野残留組からスタート。同じ高卒1年目の小園、林、羽月らは日南組に抜てきされた。悔しい思いを抱きつつも、9日から日南キャンプに途中合流すると、持ち味を発揮。首脳陣の評価を高めてきた。

 東出2軍打撃コーチは「ガッツがある。小力があって肩が強い」と評価。佐々岡監督も「1年生はみんな必死にやっている。中神もよく練習するし、声も出ている」と満足そうにうなずく。今キャンプも残り2日。ライバルたちと切磋琢磨(せっさたくま)して、レベルアップを図る。

最終更新:11/19(火) 9:07
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事