ここから本文です

チリのウォルマート、略奪や火災多発で警察の保護要請

11/19(火) 8:42配信

ロイター

[サンティアゴ 18日 ロイター] - 米小売り最大手ウォルマート・ストアーズ<WMT.N>のチリ子会社は18日、チリ国内のスーパーマーケット120店舗余りで略奪や放火が発生したとして、アリカやプエルトモントなど6都市の裁判所に対して警察の保護を求める申し立てを行ったことを明らかにした。

申し立てを行ったのは13日。申立書は「チリ政府は公的秩序と国内の公共の安全を守るという責務を全うしていない」と指摘。政府は破壊行為に対して適切なタイミングでの対応がなく、建物や従業員の保護ができていないと訴えた。

政府当局者は18日、記者団に対して、公的秩序と安全を守るため、ウォルマートだけでなく全ての企業のために最初から務めていると述べた。

チリでは公共交通機関の運賃値上げに抗議するデモが暴動化。警察などによるとこれまでに少なくとも23人が死亡、2365人が病院に収容され、1万4000人が逮捕された。財務相によると暴動による被害額は30億ドルに上っている。

最終更新:11/26(火) 13:23
ロイター

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事