ここから本文です

トヨタ社員がパワハラで自殺 適応障害を発症、労災認定

11/19(火) 11:05配信

共同通信

 トヨタ自動車の男性社員=当時(28)=が2017年に自殺したのは、上司のパワーハラスメントを受け適応障害を発症したのが原因として、豊田労働基準監督署が労災認定していたことが19日、遺族側の代理人弁護士への取材で分かった。

【記事】20年6月から大企業でパワハラ防止を義務化

 男性は15年4月に入社、16年3月から本社で車両設計を担当。上司から日常的に「ばか」「あほ」と叱責され、「死んだ方がいい」との暴言も受けていた。

 男性は病院で適応障害と診断され同7月に休職。10月、上司とは別のグループに復職したが席は斜め向かいだった。男性は17年10月に自殺した。上司は社内調査に暴言があったことをおおむね認めたという。

最終更新:11/19(火) 15:40
共同通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事