ここから本文です

「ウルトラQ」明暗の表現がより豊かになった4K UHDで復活、BOXセット発売

11/19(火) 19:30配信

映画ナタリー

「ウルトラQ」の4K Ultra HD Blu-ray BOX「ULTRAMAN ARCHIVES ウルトラQ UHD & MovieNEX」が、明日11月20日に発売される。

【写真】「ウルトラQ」(メディアギャラリー他10件)

1966年に放送された「ウルトラQ」は、地球と自然界のバランスが崩れたときに発生する“アンバランスゾーン”で起こる不可解な現象や怪事件を描く1話完結型のSFドラマ。円谷英二が監修し、円谷一、野長瀬三摩地、梶田興治らが監督を務めた。また金城哲夫、山田正弘らが脚本を手がけ、特技監督として川上景司、的場徹らが参加。佐原健二、西條康彦、桜井浩子、江川宇礼雄、田島義文、加藤春哉、岡部正らがキャストに名を連ね、石坂浩二がナレーションを担当した。

本商品では、35mmフィルムで撮影された「ウルトラQ」を初スキャンし、4Kデータ化。全シリーズで約100万コマに及ぶレストア作業を経て、当時の劇場用映画と同じクオリティを持つ高解像度の4Kデータが作成された。さらにHDR化にあたり、怪獣の目の妖しい光、宇宙人の潜む闇、朝焼けのグラデーションなどの明暗がより豊かに表現されている。当時のスタッフによるチェックも行われ、作品の魅力や演出意図が最大限に引き出された。

映像特典として、当時のスタッフの創意工夫などが明らかになる「Premium Talk」を収録。また本編映像やボーナス映像がストリーミングで楽しめるサービス「TSUBURAYA MovieNEX」が用意されている。予約購入者には卓上カレンダーもプレゼント。そのほか詳細は商品公式サイトを確認しよう。

(c)TSUBURAYA PRODUCTIONS CO., LTD. “MovieNEX/ムービーネックス” is a registered trademark of Disney Enterprises, Inc.

最終更新:11/19(火) 19:30
映画ナタリー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事