ここから本文です

SixTONESのデビュー曲をYOSHIKIがプロデュース 滝沢副社長が直談判

2019/11/19(火) 20:46配信

デイリースポーツ

 ジャニーズJr.の人気ユニット・SixTONESの来年1月22日発売のデビュー曲を、X JAPANのYOSHIKIが手掛けたことが19日、分かった。YOSHIKIがジャニーズに楽曲を提供するのは初めてで、作詞作曲を務めている。ジャニーズ事務所副社長・滝沢秀明氏(37)が今春、YOSHIKIに直談判したことで実現。将来の世界進出を視野に入れるSixTONESが、グローバルに活躍するトップアーティストのプロデュースを受け、華々しいスタートを切る。

【写真】YOSHIKI 手術直後の“すっぴん”公開 傷跡も痛々しく…

 メンバーはこの日、東京・国際フォーラムで行われたツアー「Rough “XXXXXX”(ラフ ストーンズ)」でも報告。ビッグサプライズに悲鳴にも似た歓声が上がり、ファンは思わず“Xポーズ”で盛り上がった。

 記念すべきデビュー曲。YOSHIKIが作詞作曲を務め、壮大なミディアムロックナンバーが完成した。お披露目はこれからになるが、田中樹(24)は、「激しくもあり、美しくもあり、YOSHIKIさんの世界観が詰まっているし、僕たちの魅力も引き出して頂いている」と感激の表情で語った。楽曲提供にあたりメンバーとYOSHIKIは実際に対面しており、松村北斗(24)は「衝撃は忘れられない。後光が差していた」と興奮気味に振り返った。

 YOSHIKIは「滝沢さんからお話をいただいたのは、ジャニーさんがご存命の頃でした。あまりにも自分のスケジュールが過密だったため、安易に引き受けると後々ご迷惑をかけると思い、お断りするつもりでお会いしましたが、滝沢さんの熱心な思いに心を打たれ、また『SixTONES』が海外でのJ-POPのイメージを一新させる可能性を秘めたグループだと確信したので、楽曲提供およびプロデュースを引き受けさせて頂きました。楽曲については滝沢さんとも話し合い、意図的に“YOSHIKIメロディ”を取り入れました。先見の明を持つ滝沢さんのもと、メンバー個々の魅力に加え、高度な歌唱力とパフォーマンス力を持つ『SixTONES』という素晴らしいグループが今後どのように進化していくのか、とても楽しみです。デビュー、おめでとうございます」とコメントしており、ライブ会場で田中によって読み上げられ、スクリーンでも披露された。

最終更新:2019/11/19(火) 20:50
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事