ここから本文です

日本代表 17年韓国戦以来の“日本国内で4失点”試合終了後も大ブーイング

11/19(火) 21:45配信

デイリースポーツ

 「国際親善試合、日本1-4ベネズエラ」(19日、パナソニックスタジアム吹田)

 森保監督就任後、ワーストに並ぶ4失点を前半だけで喫した日本は、後半に1点を返したものの完敗となった。前半終了後、そして試合終了後にも大きなブーイングがスタジアムからわき上がった。

【写真】引き揚げる代表イレブン 降り注ぐブーイング

 コパ・アメリカのチリ戦で0-4で敗れて以来、森保体制となってからワーストタイの失点となった。日本国内の試合での4失点は17年12月のEAFF E-1選手権・韓国戦での1-4以来だ。

 特に前半はどこでボールを奪うのか、誰が相手にチェックに行くのかがはた目には判然とせず、ゴールを量産された。攻撃でも単純な横パスでボールを奪われたりと、ちぐはぐな場面が目立った。

 後半から途中出場し、A代表初出場となった古橋をはじめ、永井や山口は奮闘したが、親善試合とはいえ試合が“壊れて”しまった後のプレーであったことは否めない。

最終更新:11/19(火) 22:22
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

あなたにおすすめの記事