ここから本文です

アドビ、噂の「Photoshop iPad版」を公開! デスクトップ版もバージョンアップ

11/19(火) 6:00配信

CAPA CAMERA WEB

アドビは、2019年11月4日に米国で行われたクリエイティブカンファレンス「Adobe MAX」において2020年版Creative Cloudの最新バージョンを発表した。すでに一般提供が開始されている。特に注目は画像編集ソフト「Photoshop」。ついにiPad版がリリースされたのだ。

Photoshop iPad版

開発が公表されていたiPad用のPhotoshopがついに提供された。これにより、いつでもどこでもPhotoshopを持ち出し、画像を編集できるようになる。Apple Pencil (アップルペンシル) やタッチジェスチャーを使い、直感的な操作ができることもレタッチに有効に働くはずだ。また「Photoshop iPad版」はPSD形式に完全に対応するため、複数のデバイスにわたっての作業も安心して行うことができる。

また「クラウドドキュメント」という新機能により、デバイスを超えて作業が自動的に保存されるようになる。ただし現在のところ、書き出せるファイルフォーマットはPNG、JPEG、PSD、TIFFとなる。

今回は初バージョンということもあり、比較的ユーザーの使用頻度が高い画像合成、基本レベルのレタッチ機能、画像のマスクという3種類のタスクとワークフローで構成されている。今後、将来に向けてより多くの機能とワークフローが追加実装されていく予定だ。

既存のPhotoshopサブスクリプションを含むプランを利用していれば、追加料金もなく、すぐに使用することができる。公開されたばかりということもありマメな改善が予測されるので、アップデートには注目しておいたほうがいいだろう。

Photoshop デスクトップ版

デスクトップ版のPhotoshopもメジャーアップデートされ、iPad版同様にクラウドドキュメントに対応したことをはじめ、各種の機能が向上している。バージョンは21.0となった。

今回はワークフローの最適化を進め、例えば、よく使うタスクの手順を「属性パネル」一か所に集約。グリッドやガイドの表示/非表示などがやりやすくなっている。

また、AIと機械学習を活用した“Adobe Sensei”により「オブジェクト選択ツール」が進化。自動的に被写体を認識する精度が上がり、選択が簡単に行える。

「ぼかし(カメラレンズ)」を使うと、手持ちのカメラが深度マップをサポートしている場合、写真の中で前景や背景など、どこをぼかしてどこにピントを合わせるかを決めるフォーカス位置を指定することができるようになった。

1/2ページ

最終更新:11/19(火) 6:00
CAPA CAMERA WEB

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事