ここから本文です

【特集】幼児も「無料→1800円」へ!“新スマスイ”の入園料が「倍」以上に...大幅値上げに神戸市民困惑

11/19(火) 14:26配信

MBSニュース

神戸市にある市立須磨海浜水族園。5年後にリニューアルオープンするのに伴い、須磨海岸一帯を大型リゾートにする構想が発表されましたが、水族館の入園料が今の倍以上になってしまうということで、市民からは「ちょっと高すぎるのでは?」という声があがっています。

スマスイ入園料が大人「1300円→3100円」に市民困惑

「スマスイ」の愛称で市民に親しまれている神戸市立須磨海浜水族園。週末は多くの家族連れでにぎわいます。

(男の子)「でっかい魚を見られるのが楽しい。見るとなんか興奮する。」
(女の子)「(Qスマスイ好き?)好き。いろんなお魚がいるから。」

1957年に市立須磨水族館として開業した「スマスイ」は1987年の全面改装からも30年以上が経過し、老朽化が進んでいます。このため、建物の全面建て替えや周辺の再整備を行い、5年後に新たな水族館としてリニューアルする計画が進められています。多くの人から愛されてきたスマスイ。ところが、リニューアル後の入園料を巡って“憤懣の声”が上がっています。

スマスイの入園料は18歳以上の大人は1300円ですが、新しい水族館は3100円。現在、小中学生は500円、幼児は無料ですが、新しい水族館は一律1800円になるといいます。

近畿の水族館の“大人料金”を見てみると、城崎マリンワールドが2600円、海遊館が2300円、京都水族館が2050円、などとなっています。新しい“スマスイ”、近畿の水族館の中で最も入園料の高い水族館になってしまうのです。この大幅な値上げにスマスイを長年愛してきた市民たちは困惑しています。

(神戸市民)「2000円くらいやったらいいですけどね。3000円超えてきて、子どももお金かかるのはちょっと考えますよね。」
(神戸市民)「古くなって建て替えるのは仕方ない。それで料金が高くなるのも仕方ない。ただ3000円は高いんちゃうかなと思う。3人で1万円やもんな。焼肉食べられる。」

また、今は神戸市教育委員会が発行している「のびのびパスポート」を使えば、市内の小中学生は何度でも無料で入園することができます。しかし、新しい施設は年に1度だけ無料で入れる機会を設けるものの、このパスポートを適用する予定はないうことです。

1/3ページ

最終更新:11/21(木) 10:48
MBSニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事