ここから本文です

【特集】幼児も「無料→1800円」へ!“新スマスイ”の入園料が「倍」以上に...大幅値上げに神戸市民困惑

2019/11/19(火) 14:26配信

MBSニュース

神戸市「『民設民営』だと料金の設定が上がってしまう」

これに対して神戸市は「新しい水族館も市内の小中学校が校外学習などで利用する場合は無料にするなどの措置を取る」としたうえで、「民営化はやむを得ない選択だ」と話します。

「市で水族館を新たに整備するとなると、数百億円規模の財政負担が必要となる。『民設民営』という手法を選択したわけであります。最初の投資額を回収するような料金設定にならざるを得ないということで、『民設民営』だと料金の設定がどうしても上がってしまう。」(神戸市経済観光局 安居大樹課長)

「神戸市は(スマスイ周辺)の再整備に税金を使いたくないと。できるだけ民間に全部お金出してもらってやってもらおうと。神戸市はそれで、『はい、よかったね』と。ではそのツケを払うのは誰か。代償として子どもたちやお母さん、お父さんから大きなお金を取ろうという構図。」(リピート山中さん)

都市計画の専門家は「いくら優れた施設であったも市民の納得が得られないものは魅力が薄れてしまうのではないか」と話します。

「魅力というのは、その施設が町にとって『こんなものがあるんだ』という誇りとかを基盤にして生まれる。だから時間はかかるんだけど、住民の間でいろいろ意見を交わして施設を作り上げることはとても重要。もともと公営の施設ですから、そういうことはもっと言える。」(神戸松蔭女子学院大学 中林浩教授)

11月11日、リピート山中さんは現状をもっと知ってもらおうとスマスイの来場者にチラシを配っていました。

「『あーできちゃった』でずっと後悔してね、そんな生き方も嫌だし。今ならひょっとして引き返せるかもしれないと思うので、こんなことをやっています。」(リピート山中さん)

長年、地域住民に親しまれてきたスマスイ。新しくできる水族館と大型リゾートもこれまで同様市民に愛される施設となるのでしょうか。

(11月18日放送 MBSテレビ「Newsミント!」内『特集』より)

3/3ページ

最終更新:2019/11/21(木) 10:48
MBSニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事