ここから本文です

50万円で山を購入、ひとりで開墾して蕎麦店を作った男

11/19(火) 11:38配信

メシ通

鹿児島県出水市(いずみし)の山深い場所に「東雲の里」(しののめのさと)はある。
ここは、広大な山の敷地に約10万本のアジサイが咲く大庭園だ。この場所を作り上げたのは、当時看板と陶芸の仕事をしていた宮上誠さんという一人の人物。
もとはジャングルのような手付かずの山だった。今から27年前の1992年、当時46歳だった宮上さんは、この土地の未知なる可能性にロマンを感じ、なたと鎌とつるはしで開墾を始める。この山に理想の蕎麦処と陶芸の窯を作ることを目標に。

標高462mの山をたったひとりで整備し続け約20年。「すじモダンの店 えっちゃん」76歳店主の恐るべき体力とバイタリティ

無謀ともいえる挑戦。「そのうち音を上げてやめるだろう」という周囲の予想を裏切り、今では多くの人が訪れる観光名所になった。アジサイの時期は鹿児島のみならず、関東や関西、そして海外からも人がやって来る。園内はとにかく広く、マップがないと道に迷いそうだ。
広大な敷地にはアジサイ以外にも桜や椿、木蓮など多くの花や木が植えられ、蕎麦屋さん、穴窯、ギャラリー、展望所、茶室、宿、露天風呂、東屋……と、ありとあらゆる施設が備えられている。この規模を宮上さんと奥さん、息子さんの3人で現在運営している。
かつて山を相手に一人で奮闘し続けた宮上さんは、一体どんな人なのだろうか? 何を思って途方もない挑戦に挑んだのか? 話を伺いに行ってきた。
(※メニューの価格は取材時のものです)

まずは美味しいお蕎麦から

人家の少ない山中に「東雲の里」入り口が。

ひたすら山道を登って、まずは敷地内の蕎麦屋さんを目指す。

「歩く人が退屈しないように」という気遣いなのか、入り口付近にはこんな川柳も。

ようやく「生そば 草の居(きそば くさのい)」に到着! 入り口から300メートルくらいは歩いただろうか。

築120年の古民家を移築した店舗は「これぞ美味い蕎麦屋さん」といったたたずまい。

陶芸家でもある宮上さん手作りの器に季節の草花をあしらっており、見ても楽しめる料理だ。もちろん味も素晴らしい。

続いて十割蕎麦。毎朝石臼で引いた香り豊かな粉で蕎麦を打ってくれる。塩が添えられてくるので、まずは塩だけで蕎麦を味わってほしい。そば粉の香りをより強く感じられて、喉越しもつるんと心地良くとてもおいしい。

1/7ページ

最終更新:11/19(火) 11:52
メシ通

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事