ここから本文です

破産法違反の疑いで、暴力団の総長逮捕

11/19(火) 12:01配信

静岡朝日テレビ

破産手続きの際に、生命保険に契約していないと嘘をついて、解約返戻金1000万円を隠したとして、暴力団の総長の男が逮捕されました。

破産法違反の疑いで逮捕されたのは、指定暴力団稲川会の二次団体「二代目東一家」総長の東裕次郎こと、韓国籍のチョン・インモ容疑者(69)ら2人です。

東容疑者は、去年6月に始まった破産手続きで、申告義務のある生命保険に入っていないと偽り、解約返戻金約1000万円を隠し持った疑いが持たれています。

警察は2人の認否を明らかにしていませんが、富士市の組事務所を家宅捜索するなど、他にも資産隠しがあったとみて捜査しています。

最終更新:11/19(火) 12:01
静岡朝日テレビ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事