ここから本文です

あなたの家賃、高すぎませんか? 値下げ交渉を成功させるための3つのコツとは

11/19(火) 12:05配信

マネーの達人

賃貸住宅に住んでいる方にとって大きな負担となるのが毎月の家賃です。

家賃が相場と比べて高すぎる場合は、値下げを請求する権利が借り主にあります。

そこまで高すぎる場合でなくても、値下げ交渉によって減額できる場合もあります。

家賃の値下げ交渉は、ビジネス向けのテナントでは当たり前のように行われていますが、もちろん居住用の物件でも行うことができます。

毎月支払わなければならない家賃が少しでも安くなれば、それだけ生活がラクになります。

この記事では、家賃の値下げ交渉を成功させるための3つのコツをご紹介します。

家賃の値下げ交渉をするなら、成功しやすい方法をとるべき

借り主には家賃の値下げを請求する権利があるとはいっても、必ずしも値下げ交渉が成功するわけではありません。

大家さんの多くは、巨額の借入をして賃貸物件を手に入れ、家賃収入をその返済に充てることによって何とか収支を合わせているので、そう簡単には値下げ要求に応じられないという事情もあります。

そこで、借り主としてはやみくもに値下げを要求するのではなく、成功しやすい方法で交渉することが大切です。

以下、成功しやすい3つのコツをご紹介します。

■コツ1. 閑散期を狙う
値下げ交渉をするなら、成功しやすい時期を選ぶことが重要です。

1月~3月は4月の入学・入社を控えた繁忙期であり、大家さんにとっては借り手が見つかりやすい時期になります。

10月には企業の人事異動が多いので、9月~10月も比較的繁忙期になります。

このような繁忙期に家賃の値下げ交渉をしても失敗に終わる確率が高くなります。

閑散期は4月~8月と11月~12月になりますが、そのなかでも6月・7月が特におすすめです。

大家さんにとっては、閑散期に借り主に出ていかれると、次の繁忙期まで、下手すれば1年近く空室になってしまう恐れがあるので、値下げ交渉に成功する確率が高まります。

■コツ2. 交渉は「やわらか」に行うこと
大家さんの立場でみれば、「契約どおりの家賃を払いたくないのなら、出ていってくれ」と思うのも、気持ちとしては理解できます。

そこで値下げ交渉を成功させるためには、家賃を値下げしてでも住み続けてほしいと思われる借り主になることです。

そのためには、「家賃を下げてもらって当然」というような強圧的な態度で交渉することはやめるべきです。

けんか腰な態度や強引な態度で交渉すると、大家さんの目には「問題人物」として映ってしまいます。

トラブルを起こす前に出ていってほしいと思われてしまいます。

このような借り主に対しては、少しでも早くでていってもらうために、家賃の値下げどころか逆に値上げ要求してくることさえあります。

交渉するときには、

「ぜひここに住み続けたいのですが、事情があって…」
というような、お願いモードのほうが成功しやすくなります。

■コツ3. 家賃を値下げすべき根拠を指摘する
何の根拠もなしに自分の希望だけで値下げを要求しても受け入れられるものではありません。

値下げ交渉をするなら、現在の家賃が相場と比べて高いという根拠を用意しましょう。

できるだけ客観的な根拠が望ましいです。

近隣の類似物件の家賃が自分の入居物件より安ければ、有力な根拠になります。

しかし、それだけで交渉が成功するとは限らないので、できる限り多くの根拠を集めておくべきです。

・ 物件や設備の経年劣化
・ 騒音や施設の移転といった周辺の環境の変化

をはじめとして、生活に不便と感じる事項を中心にいろいろ探してみましょう。

1/2ページ

最終更新:11/19(火) 12:05
マネーの達人

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事