ここから本文です

沢尻エリカ容疑者、違法薬物を「長年使っていた」 芸能人のメンタルヘルスを脅かす不安と孤独

11/19(火) 11:42配信

AbemaTIMES

 俳優の沢尻エリカ容疑者(33)が16日、東京・目黒区の自宅マンションで合成麻薬「MDMA」約0.09グラムを所持していた疑いで逮捕された。

【映像】沢尻容疑者「長年使っていた」

 捜査関係者によると、沢尻容疑者は違法薬物を「長年にわたって使っていた」という趣旨の供述をしていることがわかった。また、警視庁への取材で沢尻容疑者が「これまで大麻、MDMA、LSD、コカインを使用していた」と話していることがわかり、警視庁は日常的に違法薬物を使っていた可能性があるとみて調べを進めている。

 MDMAは別名「エクスタシー」と呼ばれる、覚醒剤に似た化学構造を持つ合成麻薬。多幸感や高揚感、一体感などが強まり、男女関係やパーティーなどで悪用されることが多い。一方で、精神の錯乱や内臓の機能障害、不安・不眠、異常な高熱や低ナトリウム血症など死に至るケースもあるという。

 MDMAは通常錠剤だが、沢尻容疑者の自宅からは粉末状でカプセルに入った状態で見つかったという。臨床心理士で心理カウンセラーも務める明星大学准教授の藤井靖氏は「MDMAは“セックスドラッグ”や“クラブドラッグ”といわれ、サプリメント的に手軽に使われている部分がある。違法薬物の依存症の方に話を聞くと、錠剤1つで大体4000~5000円と高額だが、沢尻容疑者のように粉末状というのは手慣れた方法。MDMAは海外のあまり衛生状態がよくないところで製造されている場合もあって、錠剤にはコアな薬効成分と多数の混ぜもの(不純物)が入っていることが多く、純度が高いものを求める人は粉末のパターンがある」と指摘する。

 また、MDMAの危険性について「『意欲』や『感情コントロール』、『幸福感』の元になるセロトニンやアドレナリン、ドーパミンといった脳内の神経伝達物質を意図的にコントロールする行為なので、数時間で薬の効果が切れると逆に落ち込んだり不安が強まったりすることが多い。未来の自分の幸せ感や元気を前借りしているようなもの」と説明した。

1/2ページ

最終更新:11/19(火) 11:42
AbemaTIMES

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事