ここから本文です

動画でわかる!岡野瑞恵さん伝授の眉メークで立体小顔効果と洗練印象が叶う!

11/19(火) 16:00配信

magacol

愛葉さんは眉山の角度のせいでキツく見られてしまうことが多いそうですが、細眉が流行った時に抜きすぎて生えてこないとか、骨格がずれて左右非対称になってきたなど、年齢を重ねるほどに眉に関する悩みは増えて、眉メークが難しいと感じている人が多いのでは? 印象を大きく左右する眉メーク、今は優秀な眉アイテムが充実しているので、複数のアイテムを使い分けることで、理想的な眉も簡単に描けるようになってきました。立体感のあるナチュラルな眉に整うと、若々しく見えて目元に立体感も出るので小顔効果も期待できますよ。

\動画でチェック!/岡野メーク

【今月のテーマ】アイブロウ

眉にはその時々の流行があり顔の印象を左右したりメークセンスが問われるパーツ。 「眉山」や「細さ」「長さ」にこだわってきた歴史があるのでつい見慣れた形に整えがちですが眉アイテムを更新して形も質感も理想的ないまどきの若々しい大人の眉メークで立体小顔効果と洗練印象が一度に叶います!

\使うのはこれ/色と形と質感を地眉のごとく絶妙に仕上げる3種の連携でナチュラルな大人の知的眉が完成

SUQQU ソリッドアイブロウ ペンシル 02 ブラウン
INTEGRATE ビューティーガイド アイブロー N BR671 ナチュラルブラウン
to/one アイブロウマスカラ 03 ピンクブラウン

(右から)どんなラインも描きやすく長時間美眉をキープ。¥4,400 / SUQQU、0.1mmの極細筆で足りない部分を植毛したかのような繊細な仕上がり。¥980(編集部調べ)/資生堂、肌馴染みのよいピンクブラウンなら、印象を優しくナチュラルに。¥2,400/トーン

アイブロウのOkano’s Point!

1.まばらな眉毛は毛のない部分を
埋めるところから描き始める

2.眉山を意識せず、目尻を下げず
やや太めのストレートに

3.髪の色に合わせた色でツヤがあり
ゴワつかないマスカラで毛並みを整える

【今月の美魔女】愛葉 香さん(40歳)いつものメーク!

メークには結構自信があったのですが、年齢より老けて見られたり、キツイ印象になったり。昭和っぽい眉の印象を払拭できなかったのが一番の原因だったと実感しました。

いつものスタイル!

黒のオールインワンに白ロングカーディガン+流行りのパイソン柄の靴と大きめのイヤリングも白にして統一感を持たせました。着まわしやすいモノトーンコーデがお気に入り。

1/2ページ

最終更新:11/19(火) 16:00
magacol

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事