ここから本文です

剪定作業の安全管理怠った容疑で経営者書類送検 愛知・豊川市

11/19(火) 19:12配信

中京テレビNEWS

中京テレビNEWS

 今年4月、愛知県豊川市で起きた作業事故で19日、造園会社の経営者が安全管理を怠っていたとして書類送検されました。

 労働安全衛生法違反の疑いで書類送検されたのは、造園会社を経営する40代の男で、今年4月、豊川市内の資材置き場で移動式クレーンの先端に違法に溶接されたカゴに作業員を乗せた上、安全ベルトなどの必要な危険防止措置を怠った疑いがもたれています。

 作業員は、このクレーンに乗り木の剪定(せんてい)作業中、約10メートルの高さから転落し死亡していて、労基署は、悪質と判断し書類送検に至ったということです。

中京テレビNEWS

最終更新:11/19(火) 19:12
中京テレビNEWS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事