ここから本文です

JR原宿駅 東京オリンピック後に解体・復元へ

11/19(火) 20:17配信

FNN.jpプライムオンライン

FNN.jpプライムオンライン

JR東日本は、東京都内最古の木造駅舎、原宿駅を東京オリンピック・パラリンピック開催後に取り壊し、周辺の開発とともに復元すると発表した。

現在のJR原宿駅は、1924年に完成した都内最古の木造駅舎。

耐火性能がないことなどから、JR東日本は、2020年のオリンピック・パラリンピック開催後に取り壊し、周辺の土地とあわせた開発とともに復元するという。

新しい駅舎とホームは、2020年3月21日から運用が開始される予定。

FNN

最終更新:11/19(火) 20:23
FNN.jpプライムオンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事