ここから本文です

「GSOMIA、このままでは破棄に向かう」23日0時の期限を前に金慶珠氏

11/19(火) 19:11配信

AbemaTIMES

 今週土曜日の午前0時をもって、日韓GSOMIAが失効する。17日には日韓防衛相会談と日米韓防衛相会談が、翌18日には日米防衛相会談がそれぞれ行われ、GSOMIAを含む日韓、日米韓の連携が引き続き重要だということが確認された一方で、対応の再考を促した河野防衛相に、鄭景斗国防相の方向性は変わらなかった。

【映像】失効前に破棄回避はできるのか 泥沼の日韓関係

 韓国の世論調査会社「リアルメーター」の調査(15日)によれば、GSOMIAを「終了すべき」(55.4%)と「延長すべき」(33.2%)を上回り、前回(6日)よりも7.1ポイントも増加している。

 18日のAbemaTV『AbenaPrime』に出演した東海大学教授の金慶珠氏は、世論調査の結果について「ほとんどの韓国国民は、GSOMIAが何かは分かっていないと思うし、それが日米韓の協力関係にどういう意味を持つのかというところまで深く理解していないと思う。日本が安全保障を理由に奇襲攻撃的にホワイト国除外をした、という感情的な側面で見ているのだと思う」と話す。

 「韓国が8月に破棄宣言をして以降、9月あたりからはアメリカからの強いプレッシャーがあったので、10月に入ると再考のための口実を作ろうとしている。日本に何らかの態度の変化があれば破棄を撤回する方向に持ち込もうと。李洛淵首相や文喜相議長の訪日や、文在寅大統領が安倍総理をつかまえて10分くらい会話したという出来事を肯定的に報道したこともそうだ。ところが日本側は、あくまでも徴用工問題を、という姿勢で、一切首を縦に振らなかった。それで韓国は急に強硬姿勢に戻り、文大統領がエスパー国防長官に対して“原則として曲げられない”とまで発言している。韓国の国防大臣も重要な問題だということは分かっているが、これは政治レベルで決断する話で、自分には解決できないということを告白している。このままだと8割、9割方、一旦破棄という方向になるだろう」。

1/2ページ

最終更新:11/19(火) 19:11
AbemaTIMES

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事