ここから本文です

アンディ・ウォーホル回顧展、『三つのマリリン』など主要展示作品一部発表

11/19(火) 12:18配信

CINRA.NET

展覧会『ANDY WARHOL KYOTO / アンディ・ウォーホル・キョウト』の主要展示作品の一部が発表された。

【もっと画像を見る(8枚)】

2020年9月19日から京都・京都市京セラ美術館 東山キューブで開催される同展は、アメリカ・ピッツバーグにあるアンディ・ウォーホル美術館の所蔵作品のみで構成。アンディ・ウォーホルの日本初公開作品100点超を含む約200点に加えて、映像作品15点が展示される。

今回の発表で、キャンバス作品『三つのマリリン』や、大型作品『最後の晩餐』、『死と惨事』シリーズから『ツナ缶の惨事』、ウォーホルが生み出した「ブロッテド・ライン技法」に日本の金箔の技法を取り入れた『孔雀』をはじめとした日本初公開作が展示されることが判明。さらにウォーホルが京都を訪れた際のスケッチ『京都(清水寺)1956年7月25日』なども展示される。

CINRA.NET

最終更新:11/19(火) 12:18
CINRA.NET

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事