ここから本文です

『スカーレット』大島優子、“若奥様”姿でデレる 「かわいい」の声殺到

11/19(火) 10:48配信

クランクイン!

 女優の戸田恵梨香が主演するNHK連続テレビ小説『スカーレット』(NHK総合/月曜~土曜8時ほか)の第8週「心ゆれる夏」(第44回)が19日に放送され、結婚した照子(大島優子)の若奥様ぶりにネット上には「デレデレの照子かわいい」「照ちゃん…きゃわわ」などの声が集まった。

【写真】照子「ゴキブリの方がまし!」半年前はあんなに嫌がっていたのに…『スカーレット』第44回より


 火鉢の絵付け師として歩み始めた喜美子(戸田)は、新デザインを描きあげる。師匠の深野(イッセー尾形)からお墨付きをもらった喜美子は、新デザインを社長の熊谷秀夫(阪田マサノブ)に提案するべく事務所へ向かうと、信作(林遣都)と出くわす。

 事務所に通された喜美子と信作は、秀夫から「知ってるやんな? 照子の、ウチの婿」と声をかけられ、照子の夫・敏春(本田大輔)を紹介される。照子に夫がいたことが明かされると、ネットには「えええ!照子が人妻に?!」「照子の婿!」といった声が寄せられた。

 照子から半年前の見合いを経て両親の勧めもありしぶしぶ結婚したことを聞かされていた喜美子と信作は、複雑な表情で敏春の背中を見つめる。と、そこへスイカとブドウを乗せたお盆を持った照子がよそ行きの声で「失礼いたしますぅ…」と入ってくる。照子は敏春の側へ行くと「いただきもののおスイカとおブドウお持ちしましたぁ」と愛想よく振る舞う。照子が甲斐甲斐しく振る舞う姿に「照子がかわいい奥さまやってる」「照子の若奥様ぶりっ子…」などのコメントがネット上に投稿された。

 喜美子と信作が事務所を後にするとそこへ照子もやって来て「見たな~!」と大はしゃぎ。喜美子は「好きになったんやな?」と照子に夫への気持ちを問いかけると、照子は伏し目がちになり恥ずかしそうに「好きに…なった…」とポツリ。照子の姿にネット上には「デレデレの照子かわいい」「照子の見事なツンデレぶりめ~かわいいやっちゃなぁ」「照ちゃん...きゃわわ」といった声が相次いだ。

最終更新:11/19(火) 10:48
クランクイン!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事