ここから本文です

まるで雑伎団と自ら笑い飛ばす女性ユニット、弾いて叩きまくるキヨセン

11/19(火) 18:00配信

Lmaga.jp

フュージョンバンド・カシオペア3rdのオルガニスト・大高清美と弱冠22歳の天才ドラマー・川口千里。スーパープレイヤーの2人がユニット「KIYO*SEN」(以下キヨセン)を結成して6年、結成時は高校生だった川口が2019年春に大学を卒業し、活動も本格化。この秋、心機一転のニューアルバム『ドラマチカ』を発売した。11月にリリースツアーを控える2人に話を訊いた。

【写真】親子ほどの年齢差ながら仲の良い2人

──千里ちゃんは、小学生からプロのステージで活躍され、中学生の頃にはYouTubeでアニメ『けいおん!』主題歌の叩いてみた動画が話題になりましたね。私も当時からよく拝見してました。

川口:これからは見なくて大丈夫です(笑)。もう恥ずかしい・・・。

──いやいや。10代のドラマーにとってはとても勉強になると思って、私はいまだに周りに勧めてますよ。今年、大学を卒業されましたが、社会人になって環境や心境の変化はありますか。

川口:社会人(笑)! 正直全然なくてですね。それこそ社会人と言われてまだ違和感を持つぐらい変化がなくて・・・。しいて言うなら、曜日を気にせずツアーに出られる。大学に通ってたときからかなりスケジュールを詰め込まれてたので、むしろ楽になったかな。

大高:昔は、ライブで暇さえあれば学校の宿題をやったり。レコーディングのときもそうでしたね。

川口:今では新幹線に乗っていても、「レポート書いてないな」みたいな感じ。ちょっとゆっくりできる時間も増えました。

──あらためて、千里ちゃんの音楽的背景というか、ルーツを伺いたいのですが。

川口:スタートは完全にロックなんですよ。そもそも始めたのが5歳だから、そこまで誰かに憧れるっていうのはなかったんです。ただ小さい頃から好きだったドラマーはイアン・ペイス(ex.ディープ・パープル)。彼が叩くロックがすごい好きで、そこからコージー・パウエル(ex.ホワイトスネイク)を通って・・・。序盤は、かなりロックでした。

大高:22歳でもう序盤(笑)

川口:ドラム人生17年なんで、序盤(笑)。昔は、練習すればチャド・スミス(レッド・ホット・チリ・ペッパーズ)みたいになれる、マッチョになるんかなと思ってたけど、なれずに終わり・・・。

──手数王として知られる師匠の菅沼孝三さんに師事されたのが8歳ですね。

川口:そこでジャズ・フュージョンのジャンルを教えてもらって、ミシェル・カミロ(p)やチック・コリア(p)などを聴き始めて。ドラマーでいうとデイブ・ウェックルとスティーブ・ガッドと、クリフ・アーモンド。8歳からそっち寄りを聴き始めて今にいたると。

──それだけ幅広いジャンルを知っていると、普段はどんな音楽を聴かれているのですか?

川口:結構何でも聴きます。最近はディスコのベスト盤を聴いていて、昔の名曲アース・ウィンド&ファイアーとか。その前は、マルコ・ミネマン(Dr)さんの入ってるアリストクラッツというプログレ寄りのバンドだとか。ほかにも劇伴が結構アニソン寄りなので、近い年代の友だちに最近のバンドを教えてもらったり・・・。その時々によって毎回違いますね。

1/3ページ

最終更新:11/19(火) 18:00
Lmaga.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事