ここから本文です

まるで雑伎団と自ら笑い飛ばす女性ユニット、弾いて叩きまくるキヨセン

2019/11/19(火) 18:00配信

Lmaga.jp

小さな会場でも「問答無用でバーン!って」(川口千里)

──それにしても今回のアルバムのサウンドは、幅広いですよね。激しくて複雑なリズムのプログレはもちろんですけど、なかには繊細なものや歌モノのようにメロディアスな曲も入ってます。キヨセンとして、より幅が広がった気がしました。

大高:そう言ってもらえるとうれしいですね。千里は歌モノもやってるし、劇伴もやってるし、タレントさんのバックも、自分のバンドもやってる・・・。ドラマーとして多様な音楽性のなかで仕事をしてるから、いろんなものを受け入れてると思うんですよ。

──アルバムの発売を記念した東名阪ツアーが始まっていますが、ベースに渋谷有希子さん、ギターは矢堀さんですね。

大高:気心知れた、キヨセンには欠かせないメンバーです。今回のアルバムも同じメンバーで収録してるので、今のキヨセンのサウンドっていうのが詰め込まれてる。それを体感しに来てもらいたいなーって感じですよね。

──あまり大きくない会場だと思うのですが、音量が大きすぎたりしませんか?

川口:問答無用で、バーン!って出しちゃう。

大高:苦情が来れば出られないですけど、来てないので大丈夫です(笑)。本当にバスドラの風圧とかね、いろんな風圧を感じられる環境もすごく良いと思うんです。

川口:かなり身近に感じられるので、ちょうどいい距離感ではないですかね。

大阪公演は、11月26日・27日に「Mr.Kelly's」(大阪市北区)にて。チケットは一般5800円、22歳以下3800円(当日は各300円増)で発売中。

3/3ページ

最終更新:2019/11/19(火) 18:00
Lmaga.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事