ここから本文です

YOSHIKIのドキュメント番組、YouTubeで2020年春に公開

11/19(火) 19:00配信

Lmaga.jp

ロックバンド・XJAPANのリーダー・YOSHIKIの実像に迫るドキュメンタリー番組が、2020年春から「YouTube Originals」にて公開されることが決まった。

YOSHIKIは11月13日、東京都内でおこなわれた「Google」の主催イベントにシークレットゲストとして登場し、全6話にわたる番組の公開を発表。YouTube上の「YOSHIKI CHANNEL International」で配信されるという。

2017年に、バンド・X JAPANの辿ってきた道のりを記録したドキュメンタリー映画『WE ARE X』が公開された際は、その映画が世界各国で上映され、多くのファンに感動を与えた。今回は、YOSHIKIというアーティスト個人に焦点を当てたドキュメンタリーとなる。

番組では、さまざまな苦難に出遭ってきたYOSHIKIの舞台裏に迫り、作曲やコンサート前の様子など、ステージとは異なる表情を映し出す。YOSHIKIは「『なぜ自分がミュージシャンになったのか、今尚活動を続けるのか、更にはなぜ生きているのか』ということを表現しており、少しでも見ている方の刺激になればうれしい」とコメントした。

「Youtube Originals」は、世界で活躍する人気アーティストやクリエイターが、YouTubeとパートナーシップを結び、オリジナルコンテンツを展開するプログラム。これまでにジャスティンビーバー、アリアナグランデ、BTSなどが出演しているが、個人にフォーカスしたドキュメンタリー番組の公開は今回が初めてだという。映像は2020年春に公開予定。

最終更新:11/19(火) 19:00
Lmaga.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事