ここから本文です

激戦SUV市場でホンダ「ヴェゼル」はなぜ6年間も人気が続く? 売れ続ける理由とは

11/19(火) 10:10配信

くるまのニュース

モデル末期でも売れ行き好調! ホンダ小型SUVが6年人気の訳

 近年、SUVは新車市場において人気のボディタイプとなっていて、各社から新型車が続々と登場し、販売競争は熾烈を極めています。

【画像】あなたの好みは? 「ヴェゼル」とライバルSUVを詳しく比較(28枚)

 そんななか、発売から6年が経過するホンダのSUV「ヴェゼル」が、2019年現在も好調な売れ行きを保っています。いったいなぜ人気が続いているのでしょうか。

 日本自動車販売協会連合会によると、2019年上半期(1月から6月)におけるヴェゼルの販売台数は3万3445台となり、SUVカテゴリのなかで1位を記録しました。また、同年7月から10月にかけての販売ランキングにおいても、7月:2位、8月:3位、そして9月と10月は2位、と、概ね好調を維持しています。

 なかでも注目されるのが、その売れ行きの安定性についてです。クルマのモデルチェンジの周期は、車種によってばらつきはあるものの一般的に5年から7年前後の周期でおこなわれるといわれていて、2013年12月に発売されたヴェゼルもこのサイクルに当てはめるとモデル末期に該当します。

 しかし、ヴェゼルは基本設計が新しくないにも関わらず、2019年1月から9月のすべての月で対前年同月比で90%以上を記録。同年1月には対前年比で133.5%を記録しました。

 消費税増税があった同年10月は対前年比55.6%となったものの、この10月はヴェゼル以外のクルマにおいても前年比を大きく下回っており、ヴェゼル自体の人気と関係は薄いといえるでしょう。

 いずれにしても、モデル末期のクルマがほとんどの月で前年同等の売れ行きを記録しているのは驚異的です。

 このように、ヴェゼルが息の長い人気を保ち続けている理由としては、フルモデルチェンジこそないものの、新たなパワーユニットの追加など細やかな改良が重ねられてきたことが挙げられます。

 これまでに2015年、2016年、2018年と3回のマイナーチェンジがおこなわれ、新グレードの追加も実施。2019年1月にはシリーズ唯一のターボモデルとなる最高出力172馬力の1.5リッターターボエンジンを搭載した「TOURING・Honda SENSING」が追加されました。

 ホンダがTOURING・Honda SENSINGを追加した狙いにも、やはり変化するSUV市場のなかでヴェゼルの人気を維持させることがあったといいます。ホンダの開発者は、変化するSUV市場や新車市場全体に関して、次のように説明します。

「2019年1月の新グレード追加時、ヴェゼルは発売してから5年ほど経過していました。そのためヴェゼルの販売を維持することと、いままでできなかった性能面でのさらなる底上げということで、『上質とスポーツ』というポイントから新たなエンジンを追加することになりました。

 また、TOURING・Honda SENSINGは上質という面でも静粛性の向上や内装の質感アップをおこなっています。

 新車市場全体を見たとき、SUVを新しく購入するお客さまには、安定した乗り心地が特徴のセダンや多人数乗車や積載性をウリにしているミニバンなど、ほかのニーズを持っていたさまざまなユーザーがいます。そのため、SUVにはあらゆる要望が寄せられるのです。

 また近年のSUVには、今までのSUVに対するデザインや目新しさ以外に、『運転の楽しさ』を求めるユーザーが増えていると感じます。これは、今回のTOURING・Honda SENSINGを投入した理由にも繋がります」

 さまざまなユーザーがのニーズを満たすための度重なる改良が、ヴェゼルの人気を支えていたといえるでしょう。

1/2ページ

最終更新:11/19(火) 20:56
くるまのニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事