ここから本文です

最強タッグが実現!最新作『映画ドラえもん のび太の新恐竜』の主題歌はMr.Children

11/19(火) 4:00配信

Movie Walker

「映画ドラえもん」の記念すべき40作目となる『映画ドラえもん のび太の新恐竜』が2020年3月6日より公開される。このたび、主題歌にMr.Childrenの「Birthday」が決定し、本楽曲を使用した30秒の新たな本編映像とポスタービジュアルが解禁された。

【写真を見る】ともに1970年生まれとなる、ドラえもんと桜井和寿(Mr.Children)の強力タッグ!

映画シリーズは39作で累計1億2448万人の入場者数を記録し、来年2020年には連載開始から50年を迎える国民的人気キャラクターの「ドラえもん」。その50周年という記念イヤーに公開される本作では、『のび太の宝島』(18)でシリーズ史上最高の興行収入53.7億という大ヒットを打ち立てた今井一暁監督と川村元気(脚本)のコンビが再びタッグを組み、映画1作目『のび太の恐竜』(80)とは異なる全く新しいオリジナルストーリーとして描かれる。のび太が双子の恐竜キューとミューに出会って始まる物語となり、キューとミューの仲間の恐竜たちを探して、6600万年前の白亜紀を舞台にのび太たちが大冒険を繰り広げる。

そしてこのたび、Mr.Childrenが本作のために書き下ろした「Birthday」が主題歌に決定。50周年かつ映画40作目となるメモリアルな年に、制作陣のかねてからの念願であったMr.Childrenへの熱烈なアプローチをきっかけに実現したといい、本作が掲げるテーマである“さらなる未来へ向けた「進化」”への想いに合致したMr.Children側が快諾。桜井和寿は、少年時代に経験したドラえもんとの出会いに触れ「ドラえもん50周年、そして僕も50歳となる年に、運命の再会ができた事に心から感謝です」と、ドラえもん愛に溢れた熱いコメントを寄せる。出会いと冒険を描く物語に寄り添う明るく壮大なメロディで、のび太たちを勇気づけ応援するような楽曲となっている。

また、あわせて解禁された30秒の新たな本編映像では、そんな主題歌「Birthday」を一足早く聞くことができ、さらに11月23日(土)のレギュラー放送では、90秒の予告映像が初解禁されるのでこちらも見逃せない。

日本の音楽シーンを牽引してきたMr.Childrenとファミリー映画の金字塔『映画ドラえもん』の夢のコラボレーションに、いまから期待が高まる!

<桜井和寿(Mr.Children)コメント>

ハッキリと覚えている。

小学4年生の時、両親が僕にドラえもんを買ってきてくれた。

家に帰り、自分の部屋のベットに寝転ぶと、頭上にある小さな棚に1巻から5巻がきれいに並んで置かれていた。

そしてそれを僕は複雑な思いで受け取った。

なぜなら、当時僕は勉強を全くしない子供だった。宿題なんかした事がない。漢字も書けなければ、読書もした事がなかった。当然、通知表に刻まれる数字は体育以外は1と2で埋まった。

それを見兼ねた両親はきっと「しっかり勉強しなさい」そう言いたかっただろう。

でも、そう言ったところで、素直に勉強するはずがない事をわかっていて、「宿題しなさい」でも、「読書しなさい」でもなく、「まずはここから始めましょうね。はい、ドラえもん」そんな気持ちで買ってきたのだろう。

そして、その複雑な親の心情を子供ながらにキャッチした僕は、逃げ場をなくした気持ちになって、しばらく読みも開きもせず、並んだ背表紙の1から5の数字を眺めていた。

警戒心の強い猫にオモチャを与えた時のそれのように、僕は3日後くらいにドラえもんを恐る恐る開き、その後、我を忘れ夢中で読みふけった。

僕にとってはじめての読書。はじめて好きになった本。はじめて感動で泣いた本。

それ以来、背表紙の数字は増えていき、棚に入りきらないくらいのドラえもんが並んだ。中2の夏に音楽と出会うまで。

本当はその後も、僕の人格形成に関わるドラえもんとのエピソードがあるのですが、長くなるのでこの辺でやめておきます。

ドラえもん50周年、そして僕も50歳となる年に、運命の再会ができた事に心から感謝です。

のび太にとってのドラえもんのように、「ドラえもんという存在が、ストーリーが、プロジェクトそのもの」が、弱く情けない自分に寄り添ってくれているのだと、改めて噛み締めながら、音楽でドラえもんに携わらせてもらいました。

絶対観てくださいね。

聴いてくださいね。(Movie Walker・文/富塚 沙羅)

最終更新:11/29(金) 11:12
Movie Walker

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事