ここから本文です

いよいよオープン!新たなミニシアター「WHITE CINE QUINTO」に潜入

11/19(火) 17:21配信

Movie Walker

11月22日(金)にグランドオープンする渋谷PARCOの8階に、株式会社パルコが運営する新たなミニシアター「WHITE CINE QUINTO」がオープンする。それに先駆けて19日、メディア向けの内覧会が開催。一足先に“新しい発見や新しい可能性が無限に広がる場所”をコンセプトにした渋谷カルチャーの新たな拠点に潜入してみた。

【写真を見る】新たな発見と可能性が広がるミニシアターが誕生!場内の様子をチェック

1999年7月に旧渋谷PARCO・PART3にオープンした「シネクイント」は、『バッファロー66’』(98)や『メメント』(00)などの話題作を相次いで上映し、ミニシアターブームを牽引。その後2016年に渋谷PARCOの建て替えのために一時休館することとなり、昨年夏に渋谷シネパレスの跡地に「シネクイント」の名称を引き継いだ2スクリーンのミニシアターがオープン。そしてこのたび、装いも新たに復活することに。

「WHITE CINE QUINTO」というネーミングの通り白を基調とした外観に、チケットの発券機とコンセッションのカウンター、シアターへの入口がまとまったコンパクトな作り。そしてシアター内に入ると赤いシートと木目調の壁の落ち着いた空間が広がっており、前方5列・後方3列の計108席(+車椅子スペース1席)はいずれも前の列との間隔がゆったり取られ、リラックスして映画を楽しむことができる。

オープニング作品は日本が世界に誇る芸術家、草間弥生の知られざる過去を映したドキュメンタリー映画『草間弥生∞INFINITY』(11月22日公開)。また三宅一生が設立したブランド「HOMME PLISSE ISSEY MIYAKE」のショーの製作現場を記録した『PLAY GROUNDS Stories behind HOMME PLISSE ISSEY MIYAKE』(11月22日公開)。さらにシンガーソングライター矢野顕子の素顔を追いかけたドキュメンタリーフィルム『SUPER FOLK SONG ~ピアノが愛した女。~』が11月22日(金)限定で特別リバイバル上映。

その後もドキュメンタリー作品やインディペンデント作品などジャンルの垣根を超えた映画にとどまらず、様々なカルチャーに根差した映画以外のコンテンツも積極的に上映して行く予定となっている「WHITE CINE QUINTO」。映画ファンはもちろんのこと、ファッションやアートなど、あらゆるカルチャーの最先端を発信していくことだろう。今後のラインナップやイベントなどから目が離せない!(Movie Walker・取材・文/久保田 和馬)

最終更新:11/19(火) 17:21
Movie Walker

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事