ここから本文です

ユナイテッド、経営が悪化…負債も膨らむ

11/19(火) 10:30配信

超WORLDサッカー!

マンチェスター・ユナイテッドの経営が数字的に悪化しているという。イギリス『デイリー・メール』が報じた。

ユナイテッドが18日に開示したという2019-20シーズン第1四半期の経営状況によると、予想収益は2018-19シーズンの6億2710万ポンド(約881億1000万円)から減少となる5億6000万~5億8000万ポンド(約786億8000万~814億9000万円)だという。

また、コマーシャルおよびスポンサーシップ面の利益は増加しているが、放映権料の収益だけで990万ポンド(約13億9000万円)も減少。主にチャンピオンズリーグ(CL)に出場できていない点が大きく起因しているものとみられる。

そして、負債も前シーズンから大きく膨らみ、1億3730万ポンド(約192億9000万円)増加の3億8450万ポンド(約540億2000万円)を叩き出してしまっているという。

チームの人件費こそ削減に成功しているが、今夏の移籍市場でイングランド代表DFハリー・マグワイアや、同代表DFアーロン・ワン=ビサカの獲得に多額を投じたことが影響している模様だ。

超WORLDサッカー!

最終更新:11/19(火) 10:30
超WORLDサッカー!

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

あなたにおすすめの記事