ここから本文です

ザニオーロがアズーリ初ゴール! 所属ローマでは史上最年少記録に

11/19(火) 16:00配信

超WORLDサッカー!

ローマに所属するイタリア代表MFニコロ・ザニオーロが18日のアルメニア代表戦で待望のアズーリ初ゴールを記録した。

イタリア代表は18日、ユーロ2020予選グループJ最終節でアルメニア代表をホームに迎え、9-1で圧勝した。ここまで9戦全勝で既に予選突破を決めている首位イタリアだが、格下相手に手を抜くことなく絶好調のFWチーロ・インモービレの先制点を皮切りに7選手がゴールを決めるゴールラッシュで今予選を圧勝で締めくくった。

そして、同試合に先発出場したザニオーロはイタリアのA代表出場5試合目にして待望の初ゴールを含むドッピエッタの活躍を見せた。

試合後、イタリア『RAI』のインタビューに答えた20歳の若武者は、「夢が叶った」とアズーリでの初ゴールに喜びを露わにしている。

「とても幸せな気分だよ。今夜、自分にとっての新たな夢を叶えることができた。だけど、これは終着点ではなく始まりに過ぎないことを理解しているよ」

「(数カ月前までの批判について)批評は試合の一部だと思っているよ。実際、以前はあまり良い状態ではなかったしね。ただ、批判への最良のリアクションはピッチでのプレーなんだ」

また、所属するローマと同様に右ウイングでの先発から後半途中には中盤3センターの一角でプレーするなど、その多彩なプレースタイルでロベルト・マンチーニ監督へのアピールに成功したザニオーロは、ユーロ2020本大会でのプレーを新たな目標に掲げている。

「ウイングでもミッドフィルダーとしてもプレー可能だし、どちらのプレーも全く問題はないよ。とにかく、最善を尽くそうと思ってプレーしているんだ」

「ユーロ2020に呼ばれることが新たな夢になるね。今回と同じようにその夢を実現できるといいね」

なお、『Optapaolo』が伝えるところによれば、今回のアルメニア戦において20歳と139日でアズーリ初ゴールを記録したザニオーロは、ローマ所属選手としてイタリア代表でゴールを決めた最年少選手になるという。

これまではMFダニエレ・デ・ロッシの21歳と42日が最年少記録となり、以下FWアントニオ・カッサーノ、FWマッティア・デストロ、MFカルロ・アンチェロッティと続いている。(いずれも21歳で初ゴール)

早熟な印象があるFWフランチェスコ・トッティに関しては代表デビューが22歳だったこともあり、初ゴールは23歳になってからだった。

超WORLDサッカー!

最終更新:11/19(火) 16:00
超WORLDサッカー!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事