ここから本文です

2020年仕様タイヤはグリップ不足。2019年仕様の継続を検討も、F1アブダビGP後に再テスト

11/19(火) 14:11配信

オートスポーツweb

 F1チームは、最終戦アブダビGP後に予定されているオフシーズンテストにおいて、ピレリの2020年仕様タイヤに関する最後のテストに取り組むことになる。

【写真】F1第19戦アメリカGPのFP1でテストタイヤを装着したマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)

 第19戦アメリカGPのフリー走行では、各チームに2020年仕様のタイヤをテストする機会が与えられた。だがドライバーからのフィードバックによる評価は否定的なもので、このタイヤには要求されるレベルのグリップがないと感じていた。

 そのような批判が出たことから、F1は新タイヤの導入を完全に見送り、2019年仕様のコンパウンドを来年も使用することを検討している。

 しかしピレリのレーシングマネージャーを務めるマリオ・イゾラは新しいタイヤを擁護し、オースティンの寒いコンディション下で行われた走行では、タイヤの真の特性が発揮されなかったと主張している。

 なおFIAのテクニカルチーフを務めるニコラス・トンバジスは、アブダビで予定されている2日間のタイヤテストは、今もスケジュールされたままであると各チームに伝えた。

 したがって、最終評価と関連データの分析後に、チームは2020年仕様のタイヤについてゴーサインを出すかどうかの投票を行うことになる。しかし10チーム中7チームがピレリに対して反対票を投じた場合、ピレリは2020年も2019年仕様のタイヤを使用せざるを得ない。

 その間にも状況は複雑になっている。というのもチームは2020年の空力デザインと、事実上2種類のタイヤの開発プログラムを走らせなければならず、リソースの少ないチームには負担となっているからだ。

 フェラーリのセバスチャン・ベッテルは、2020年タイヤの2度目の評価を行うのは良い考えだと語った。

「もう1度テストを行うのが良いと思う」とベッテルは語った。

「一方では、僕たちは立てられた目標を達成できなかった」

「僕はバルセロナでテストをしたし、オースティンでもクロスチェックをした。フィードバックはポジティブなものではないけれど、結局は前に進めるように取り組んでいる。どのような結果が出るか見てみよう」

[オートスポーツweb ]

最終更新:11/19(火) 14:11
オートスポーツweb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事