ここから本文です

MotoGP:2020年の暫定エントリーリストが発表。8人の日本人がフル参戦

11/19(火) 22:36配信

オートスポーツweb

 11月19日、FIM(国際モーターサイクリズム連盟)は2020年シーズンのロードレース世界選手権における各クラスの暫定エントリーリストを発表した。

 MotoGPクラスには11チーム22名、Moto2クラスには15チーム30名、Moto3チームには15チーム31名がエントリーを承認されている。

 最高峰のMotoGPクラスは、ほとんどのライダーが2年契約を結んでおり、2020年のライダーラインアップは大きく変動しないと思われていた。

 しかし、レプソル・ホンダ・チームから参戦していたホルヘ・ロレンソが2019年シーズン限りで引退することから、Moto2チャンピオンを獲得したアレックス・マルケスが新たに加入。

 また、レッドブルKTMファクトリー・レーシングから参戦していたヨハン・ザルコが離脱することから、KTMの2チームもラインアップが変わり、ブラッド・ビンダーがKTMファクトリー、イケル・レクオーナがレッドブルKTMテック3に昇格する。

 日本人ライダーの中上貴晶はLCRホンダ・イデミツから継続参戦する。

 Moto2クラスは、唯一の日本人ライダーである長島哲太がエントリー。長島はSAG(ストップ・アンド・ゴー)レーシングチームから参戦予定だったが、レッドブル・KTM・アジョから参戦することになった。

 EG 0,0 MARC VDSは、アレックス・マルケスが急きょMotoGPに昇格することになり、シートがひとつ空いている。

 Moto3クラスの日本勢は6人で、鈴木竜生、小椋藍、鳥羽海渡、佐々木歩夢が来季も参戦するが、佐々木はレッドブル・KTM・テック3に移籍、鳥羽はレッドブル・KTM・アジョに移籍することとなった。

 新たにフル参戦するふたりはエストレージャ・ガリシア・0,0から参戦する山中琉聖、ホンダ・チーム・アジアに加入した國井勇輝だ。

 ハスクバーナは、Moto3に復帰し、アロンソ・ロペスとロマーノ・フェナティが参戦するSTERILGARDA MAX RACING TEAMにマシンを供給する。

 バリー・バルトゥスは2020年5月3日に出走最低年齢となる16歳の誕生日を迎えるので、誕生日までのシーズン序盤戦は欠場する。

 2018~2019年にフル参戦していた真崎一輝は、CEV Moto3ジュニア世界選手権に戦いの場を移し2019年のチャンピオンチームであるTeam LaGlisseに加入することとなった。

 以下が2020年ロードレース世界選手権、3クラスの暫定エントリーリスト。

■2020年MotoGPクラス暫定エントリーリスト
No./Rider/Team/Motorcycle
4/アンドレア・ドヴィツィオーゾ/DUCATI TEAM/ドゥカティ
9/ダニロ・ペトルッチ/DUCATI TEAM/ドゥカティ
12/マーベリック・ビニャーレス/MONSTER ENERGY YAMAHA MotoGP/ヤマハ
17/カレル・アブラハム/REALE AVINTIA RACING/ドゥカティ*
20/ファビオ・クアルタラロ/PETRONAS YAMAHA SRT/ヤマハ*
21/フランコ・モルビデリ/PETRONAS YAMAHA SRT/ヤマハ*
27/イケル・レクオーナ/RED BULL KTM TECH 3/KTM*
29/アンドレア・イアンノーネ/APRILIA RACING TEAM GRESINI/アプリリア*
30/中上貴晶/LCR HONDA IDEMITSU/ホンダ*
33/ブラッド・ビンダー/RED BULL KTM FACTORY RACING/KTM
35/カル・クラッチロー/LCR HONDA CASTROL/ホンダ*
36/ジョアン・ミル/TEAM SUZUKI ECSTAR/スズキ
41/アレイシ・エスパルガロ/APRILIA RACING TEAM GRESINI/アプリリア*
42/アレックス・リンス/TEAM SUZUKI ECSTAR/スズキ
43/ジャック・ミラー/PRAMAC RACING/ドゥカティ*
44/ポル・エスパルガロ/RED BULL KTM FACTORY RACING/KTM
46/バレンティーノ・ロッシ/MONSTER ENERGY YAMAHA MotoGP/ヤマハ
53/ティト・ラバット/REALE AVINTIA RACING/ドゥカティ*
63/フランセスコ・バニャイア/PRAMAC RACING/ドゥカティ*
73/アレックス・マルケス/REPSOL HONDA TEAM/ホンダ
88/ミゲール・オリベイラ/RED BULL KTM TECH 3/KTM*
93/マルク・マルケス/REPSOL HONDA TEAM/ホンダ

*はインディペンデントチームライダー

■2020年Moto2クラス暫定エントリーリスト
No./Rider/Team/Motorcycle
2/イェスコ・ラフィン/NTS RW RACING GP/NTS
7/ロレンソ・バルダッサーリ/FLEXBOX HP 40/カレックス
9/ホルヘ・ナバーロ/SPEED UP RACING/スピード・アップ
10/ルカ・マリーニ/SKY RACING TEAM VR46/カレックス
11/ニッコロ・ブレガ/FEDERAL OIL GRESINI Moto2/カレックス
12/トーマス・ルティ/LIQUI MOLY INTACT GP/カレックス
16/ジョー・ロバーツ/AMERICAN RACING/カレックス
19/ロレンツォ・ダラ・ポルタ/ITALTRANS RACING TEAM/カレックス
21/ファビオ・ディ・ジャンアントニオ/SPEED UP RACING/スピード・アップ
22/サム・ロウズ/EG 0,0 MARC VDS/カレックス
23/マルセル・シュロッター/LIQUI MOLY INTACT GP/カレックス
24/シモーネ・コルシ/MV AGUSTA TEMPORARY FORWARD/MVアグスタ
27/アンディ・ファリド・イズディハール/IDEMITSU HONDA TEAM ASIA/カレックス
33/エネア・バスティアニーニ/ITALTRANS RACING TEAM/カレックス
35/ソムキャット・チャントラ/IDEMITSU HONDA TEAM ASIA/カレックス
40/アウグスト・フェルナンデス/FLEXBOX HP 40/カレックス
42/マルコス・ラミレス/AMERICAN RACING/カレックス
44/アロン・カネト/ANGEL NIETO TEAM/スピード・アップ
45/長島哲太/RED BULL KTM AJO/カレックス
55/ハフィス・シャーリン/ANGEL NIETO TEAM/スピード・アップ
57/エドガー・ポンス/FEDERAL OIL GRESINI Moto2/カレックス
62/ステファノ・マンジ/MV AGUSTA TEMPORARY FORWARD/MVアグスタ
64/ボ・ベンスナイダー/NTS RW RACING GP/NTS
72/マルコ・ベゼッチ/SKY RACING TEAM VR46/カレックス
87/レミー・ガードナー/ONEXOX TKKR SAG TEAM/カレックス
88/ホルヘ・マルティン/RED BULL KTM AJO/カレックス
96/ジェイク・ディクソン/PETRONAS SPRINTA RACING/カレックス
97/チャビ・ビエルゲ/PETRONAS SPRINTA RACING/カレックス
99/カスマ・ダニエル・ビン・カスマユディン/ONEXOX TKKR SAG TEAM/カレックス
-/TO BE CONFIRMED/EG 0,0 MARC VDS/カレックス


■2020年Moto3クラス暫定エントリーリスト
No./Rider/Team/Motorcycle
5/ジャウマ・マシア/LEOPARD RACING/ホンダ
6/山中琉聖/ESTRELLA GALICIA 0,0/ホンダ
7/デニス・フォッジア/LEOPARD RACING/ホンダ
11/セルジオ・ガルシア/ESTRELLA GALICIA 0,0/ホンダ
12/フィリップ・サラック/SNIPERS TEAM/ホンダ
13/セレスティーノ・ビエッティ/SKY RACING TEAM VR46/KTM
14/トニー・アルボリーノ/SNIPERS TEAM/ホンダ
16/アンドレア・ミーニョ/SKY RACING TEAM VR46/KTM
17/ジョン・マクフィー/PETRONAS SPRINTA RACING/ホンダ
19/ガブリエル・ロドリゴ/KOMMERLING GRESINI Moto3/ホンダ
21/アロンソ・ロペス/STERILGARDA MAX RACING TEAM/ハスクバーナ
23/ニッコロ・アントネッリ/SIC58 SQUADRA CORSE/ホンダ
24/鈴木竜生/SIC58 SQUADRA CORSE/ホンダ
25/ラウル・フェルナンデス/RED BULL KTM AJO/KTM
27/鳥羽海渡/RED BULL KTM AJO/KTM
40/ダリン・ビンダー/CIP GREEN POWER/KTM
50/ジェイソン・デュパスキエ/PRUESTELGP/KTM
52/ジェレミー・アルコバ/KOMMERLING GRESINI Moto3/ホンダ
53/デニス・オンジュ/RED BULL KTM TECH 3/KTM
55/ロマーノ・フェナティ/STERILGARDA MAX RACING TEAM/ハスクバーナ
70/バリー・バルトゥス/PRUESTELGP/KTM
71/佐々木歩夢/RED BULL KTM TECH 3/KTM
73/マキシミリアン・コフラー/CIP GREEN POWER/KTM
75/アルベルト・アレナス/ANGEL NIETO TEAM/KTM
76/マカー・ユルチェンコ/BOE SKULL RIDER MUGEN RACE/KTM
79/小椋藍/HONDA TEAM ASIA/ホンダ
82/ステファノ・ネパ/ANGEL NIETO TEAM/KTM
84/ヤコブ・コンフェイル/BOE SKULL RIDER MUGEN RACE/KTM
89/カイルール・イダム・パウィ/PETRONAS SPRINTA RACING/ホンダ
92/國井勇輝/HONDA TEAM ASIA/ホンダ
99/カルロス・タタイ/REALE AVINTIA ARIZONA 77/KTM


[オートスポーツweb ]

最終更新:11/19(火) 22:47
オートスポーツweb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事