ここから本文です

【先週の 『まだ結婚できない男』振り返り】やっくんの正体判明に「早すぎ」の声多数! 北京ダックとサウナでの攻防

11/19(火) 18:00配信

ねとらぼ

 今夜の放送の前に先週の内容をチェック! 阿部寛さん主演のドラマ『まだ結婚できない男』前回の感想と評価をお届けします。

【画像】吉田羊、磯村勇斗、深川麻衣……出演者たちのオフショット!

●「まだ結婚できない男」第6話(11/12放送)のあらすじ

 桑野(阿部寛)を悩ませる“やっくんのブログ”が、ついに検索ランキングの3位に浮上。いまだ正体が分からず、このままでは1位になる日も近いと焦る桑野は、まどか(吉田羊)にいら立ちをぶつける。2人がいつものように言い争っていると、そこへまどかのいとこ・亮介(磯村勇斗)が現れる。

 亮介は弁護士を目指して勉強中で、忙しいまどかを手伝うために長野から上京してきたという。しかし実は、同じく弁護士で、娘に自分の事務所を継いでほしいと願うまどかの母から、まどかが地元に戻らない理由を探ってくるよう、密命を受けていた。

 そんな母の魂胆を見抜いたまどかは、かつて母親との間に何があったのか、自分の過去を亮介に打ち明けることに。しかし、亮介を連れて有希江(稲森いずみ)の店に向かうと、間が悪いことに、そこには桑野の姿が。案の定、まどかの話を聞いた桑野は黙っていられず、いつものように皮肉を連発してまどかを怒らせてしまう。しかし、そんな2人のやり取りを見ていた亮介は、あることを思いついて……。

 一方、以前から、同じジムに通う薬丸(デビット伊東)こそが“やっくん”ではないかとにらんでいた桑野は、英治(塚本高史)の手を借りて証拠集めに奔走する。やがて、疑惑が確信へと変わった桑野は、ジムのサウナで薬丸を追いつめて…。 (『まだ結婚できない男』公式サイトより)

●第6話最大の盛り上がりポイントは 終盤の「サウナ」

 ネット上での『まだ結婚できない男』第6話の評価は、「ポジティブ」が85.5%となりました。もっともネットユーザーを沸かせたのは、21:40頃のサウナシーン。「やっくん」が薬丸だと確信した桑野が、サウナで薬丸に迫りました(詳細は後述)。

●亮介役、磯村勇斗さんの爽やかさに沸く

 第6話では、まどかのいとこ・亮介役で登場した磯村勇斗さんの爽やかさにネットユーザーが反応。 「かわいい」や「目の保養になる」といった声が多数あがりました。 また磯村さんが、『亮介が突然バナナを食べるシーン』に悩んだとの告白をしていた事もあってか、その食べっぷりに注目する人も多くいたようです。「吉田羊さんのアドバイス通り、バナナと向き合ったステキな食べっぷりだった」との声も見られました。

 磯村さんは今回、弁護士を目指す学生の役なので、普段着ないようなチェックシャツに挑戦したそうです。その甲斐あってか、「学生らしい爽やかな雰囲気が出ていた」と話題に。また作中で桑野が亮介に対して放った一言、“爽やかだな“には、多くの視聴者がその通り! と感じたようです。

1/2ページ

最終更新:11/19(火) 18:00
ねとらぼ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事