ここから本文です

ジーター、リベラに次ぐ満票当選なるか…野球殿堂候補者発表

11/19(火) 8:11配信

スポーツ報知

 米野球殿堂は18日(日本時間19日)、全米野球記者協会会員による来年1月の野球殿堂入り投票の候補者を発表。ヤンキース一筋の遊撃手として通算3465安打を放ち、5度の世界一に貢献したデレク・ジーターが、今季史上初めて満票を得たマリアノ・リベラ投手に次いで2人目の満票なるかが注目される。

【写真】楽天・育成3位のハワイ大からの「逆輸入」遊撃手・山崎 憧れのジーター目指す

 新たな候補者は

 【投手】J・ベケット、H・ベル、C・リー、B・ペニー、JJ・プッツ、J・バルバーディ

 【内野手】D・ジーター、E・チャベス、A・ダン、C・フィギンス、R・ファーカル、J・ジアンビ、P・コネルコ、B・ロバーツ、A・ソリアーノ、C・ペーニャ、

 【外野手】B・アブレイユ、R・イバネス外野手



 今年、殿堂入りに必要な75%の得票率(5%未満は翌年の候補リストから外れる)に及ばなかったC・シリング(60・9%)、R・クレメンス(59・5%)、B・ボンズ(59・1%)、L・ウォーカー(54・6%)、O・ビスケル(42・8%)。

 

 今年はジーター以外に資格取得1年目の大物がいないだけに、通算354勝のクレメンス、通算762本塁打のボンズという薬物疑惑によって得票が伸びていない2人。そして、10年間の候補リスト入り最終年のウォーカーにも注目が集まっている。

 殿堂投票の結果は、来年1月21日に発表される。

報知新聞社

最終更新:11/19(火) 8:27
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事