ここから本文です

ヒロミ、木下優樹菜の夫・フジモンを思いやる「テレビで今ふざけてていいのかとか、大変な所だと思う」

11/19(火) 13:12配信

スポーツ報知

 19日放送のフジテレビ系「バイキング」(月~金曜・前11時55分)では、「タピオカ店どう喝騒動」を起こし、ネットで大炎上したタレントの木下優樹菜(31)が無期限で芸能活動を自粛することを報じた。

【写真】木下優樹菜、体調不良で体重7キロ減も

 この騒動は実姉がアルバイトとして働いたタピオカ店でオーナー夫妻との間でトラブルが勃発し、木下が店長へ「いい年こいたばばあ」「弁護士たてて、法的処理、いくらでもできるから(原文ママ)」と暴言メッセージを送信。店長の知り合いがSNSに投稿し、騒動が発覚した。

 コメンテーターでタレントのヒロミ(54)は、木下が活動自粛以前に夫で「FUJIWARA」の藤本敏史(48)と現場で会ったことがあるといい「フジモンの気持ちは俺も良く分かるんで、そういう話はしましたけど」と騒動について会話したという。

 藤本らがオーナー側に謝罪に行ったことが報じられたことについて「本当にフジモンも(謝罪に)行かれてるみたいでした。でもやっぱり会えなかったって言う話も。そこは反省していて」と明かした。

 「旦那もテレビでバラエティーだからやらなきゃいけないし、でも今ふざけてていいのかとかね。ここがバラエティー班の大変な所だと思う。だから本当に早く相手の方と直接、弁護士さんを通してもね」と思いやっていた。

報知新聞社

最終更新:11/19(火) 19:52
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事