ここから本文です

津島高にクライミング壁新設

11/19(火) 8:00配信

愛媛新聞ONLINE

 スポーツクライミング部の新設に向け、愛媛県宇和島市津島町高田の津島高校がトレーニング用のクライミングウォールを体育館に設置し、オープニングセレモニーを開いた。招待された県内の有力選手2人が競技紹介や実技披露を通じて全校生徒91人に魅力を伝えた。
 ウォールは高さ約4メートルで角度が異なる2面。同校では今年、スポーツクライミング同好会が発足し、生徒が市スポーツ交流センターを拠点に7月から練習を重ねてきた。2020年度に部へ昇格する。
 9日のオープニングセレモニーでは、県競技力向上対策本部のスポーツ専門員で10月にワールドカップ初優勝を飾った清水裕登さん(23)と、18年の福井国体で山岳の少年男子リードを制した東温高校2年の大政涼さん(17)が来校。映像を見せながらクライミングにはボルダリング、リード、スピードの3種目があることや、県内で練習できる施設などを紹介した。
 真新しい壁で2人が軽やかな身のこなしを披露すると、生徒から歓声が起こった。「クライミングを通して心も体も鍛えてほしい。愛媛から世界で活躍する選手が出てきてくれることを願っている」と清水さん。大政さんは「角度もあっていい壁だと思う。同年代の高校生たちと一緒に上を目指せればうれしい」と見据えていた。
 同好会の2年の男子生徒(17)は「感謝の気持ちを忘れずしっかりと練習に励み、大会で活躍できる選手になれるよう努力していきたい」とレベルアップを誓っていた。

愛媛新聞社

最終更新:11/19(火) 8:00
愛媛新聞ONLINE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事