ここから本文です

トヨタ、キャッシュレス決済アプリ「TOYOTA Wallet」発表--「MONET」などMaaSと連携

11/19(火) 18:06配信

CNET Japan

 トヨタ自動車、トヨタファイナンシャルサービス、トヨタファイナンスの3社は11月19日、電子マネーによるタッチ決済、QRコード決済といった複数の支払い手段に対応するスマートフォン決済アプリ「TOYOTA Wallet」の提供を開始した。まずはiOS版を提供し、2020年春にAndroid版をリリース予定としている。

 トヨタは、すべてのクルマのネットワーク化によるモビリティサービスプラットフォームの構築、ビッグデータ活用での顧客や社会への貢献、さまざまな企業と連携した新たなモビリティサービスの創出の3点を柱とした「コネクティッド戦略」を掲げている。そのなかで、顧客の日常決済の利便性向上ならびに、モビリティ社会の基盤づくりを目指し、決済アプリ「TOYOTA Wallet」を開発した。

 TOYOTA Walletでは、事前チャージ型の電子マネー「TOYOTA Wallet残高」、クレジットカードで支払える「TOYOTA TS CUBIC Origami Pay」、デビット型サービス「銀行Pay」という3つの支払い方法を搭載。TOYOTA Wallet残高は、ID/Mastercardコンタクトレス加盟店、Mastercard加盟店(EC)。TOYOTA TS CUBIC Origami PayはOrigami加盟店。銀行Payは、各銀行が展開する銀行Pay加盟店で利用可能。

 それぞれ三井住友銀行、三井住友カード、Origami、GMOペイメントゲートウェイといったパートナー企業との協力で構築されている。

 どこでも、誰でも使えるシームレスなサービスの実現に向け、決済サービスだけでなく、金融をはじめとしたサービスの拡充、国内外での展開を予定。さらに、決済サービスを通じて全国5000店以上のトヨタ販売店との接点強化につとめるほか、トヨタ販売店のみならず、「トヨタレンタカー」「TOYOTA SHARE」「KINTO」「my route」「MONET」など、トヨタグループ内外のさまざまなモビリティサービスと連携するとしている。

最終更新:11/19(火) 18:06
CNET Japan

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事