ここから本文です

EURO予選10戦10勝で終えたイタリア、インモービレ「このチームは本戦でも優勝できる」

11/19(火) 20:15配信

ゲキサカ

 EURO2020予選の最終節に挑んだイタリア代表はアルメニア代表に9-1で快勝。先制点を挙げたFWチーロ・インモービレは試合後に喜びを語っている。19日、『ライ・スポーツ』が伝えた。

 インモービレは前半8分、FWフェデリコ・キエーザの浮き球パスを頭で合わせて先制点とする。さらに3-0で迎えた同33分にも追加点を決め、イタリアは前半を4-0で折り返した。

 後半も攻撃の手を緩めないイタリアはさらに5点を追加し、9-1というスコアで試合を終えた。データサイト『opta』によると、9得点は71年ぶりの快挙。さらに異なる7選手が得点を奪ったのはイタリア代表史上初となった。なお、すでに予選突破を決めていたイタリアは、予選を10試合全勝という最高の形で終えた。

 試合後に喜びを語るインモービレ。「とても幸せです。素晴らしい旅ができましたし、ファンも素晴らしい後押しをしてくれた。本大会でも同じことをしてほしいね」とさらなる声援を呼び掛けた。

 本戦に向けて「ドローはすごく興味がある。みんなテレビにくぎ付けだろうね」とすでに意識を切り替えている。

「私たちは素晴らしいグループだ。信念やクオリティ、うまくいくために必要なすべてを持っている。この2か月で良いプレーができることは証明した。来年夏の本戦でも優勝したい。このチームはそれに値する。監督には感謝をしているよ。みんなとプレーする機会を与えてくれたのだから」

 2018年ロシアワールドカップでは60年ぶりに本大会出場を逃したイタリア。ロベルト・マンチーニ監督就任から調子を取り戻し、EURO本大会での活躍で強豪復活を狙っている。

最終更新:11/19(火) 20:15
ゲキサカ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事