ここから本文です

ネット販売で重要なことは何か…ジェフ・ベゾスが20年前のビデオで語っていた

11/20(水) 8:10配信

BUSINESS INSIDER JAPAN

ツイッターで拡散した1997年のジェフ・ベゾスの映像で、彼は初期のアマゾンをどのように構築したかについて話している。

ベゾスはアマゾンで販売される最初の商品として本を選んだ理由を説明している。 彼はまず、オンラインで販売できる20の商品カテゴリをリスト化し、どのカテゴリーよりも商品の選択肢が多かったため、本を選んだ。

もはやアマゾンは本だけを売るサービスではなく、時価総額1兆ドルに迫る小売帝国になった。

この映像は、ベゾスがいかにインターネットをよく理解していたか、そして顧客が望むものを正確に提供することがいかに重要かを示している。

ジェフ・ベゾスが20年前に撮影した動画が、ツイッター上で120万回以上再生され、話題を呼んでいる。

このビデオは、アマゾン設立から3年後の1997年6月に開催された専門図書館カンファレンスで撮影されたもので、アナリストのブライアン・ロームメル(Brian Roemmele)氏が拡散した。

このビデオが広く共有されたのは、ベゾスが、時価総額8000億ドルを超える小売帝国をゼロから構築した方法が見られるためだ。また、彼がいかにインターネットをよく理解していたか、そして顧客が望むものを正確に提供することがいかに重要かを示している。

ビデオが撮影された1997年に、アマゾンは株式を公開した。1997年に1株18ドルで公開し、現在の株価は1778ドルだ。

ビデオの冒頭では、若きベゾスが、自分が何者なのかを説明している。そしてインタビュアーからアマゾンのアイデアをどこから得たのかと尋ねられ、次のように答えた。

「3年前、ニューヨークでヘッジファンドの仕事をしていたとき、ウェブの利用率が年に2300%増加しているという驚くべき統計に出会い、その成長の文脈でよいビジネスプランを考えようと思い、最初にオンラインで販売する最良の商品として本を選んだ」

1/2ページ

最終更新:11/20(水) 8:10
BUSINESS INSIDER JAPAN

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事