ここから本文です

アルペン、PB商品見直し 品番数3割削減 収益力向上へ

11/20(水) 6:05配信

中部経済新聞

 スポーツ用品販売大手のアルペン(本社名古屋市)は、スポーツ衣料などを展開するプライベートブランド(PB)商品の改革に乗り出した。原価低減を目的にPB商品の品番数を2~3割減らすほか、製造委託先の海外協力工場を絞り込む。さらに、機能性に優れた商品販売に力を入れる。競争激化で2019年6月期は純損益が赤字となった。収益力の向上に向け、PB商品のてこ入れで競争力を高める考えだ。

最終更新:11/20(水) 6:05
中部経済新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい